北海道への渓流遠征釣行で75cmイトウ堂々浮上 エサ釣りでキャッチ

北海道への渓流遠征釣行で75cmイトウ堂々浮上 エサ釣りでキャッチ

憧れの魚・イトウを釣りに北海道を訪ねた。道北の河川をエサ釣りで探り、75cmのイトウをはじめイワナやニジマス、オショロコマをキャッチした3日間の釣行の模様をリポートする。

北海道のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:刊つりニュース関東版 上谷泰久)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

北海道で渓流釣り

事前の情報では災害級の雨が降り、本流下流域はかなり増水とのこと。とりあえず5月31日(火)、現地在住の友人と合流し、上流域に向かった。

イトウは中・下流域に生息する魚なので、この日狙うのはイワナとニジマス。友人に案内されたポイントは、まさに大型渓流魚の巣窟だった。

北海道への渓流遠征釣行で75cmイトウ堂々浮上 エサ釣りでキャッチイワナゲット(提供:刊つりニュース関東版 上谷泰久)

大型渓流魚が連発

本流竿を使ったエサ釣りで狙う。釣れる魚はすべて30cmオーバー!イワナはエゾイワナという種で、降海するアメマスとは少し違い、脂が乗って美味だと言う。

ニジマスはこの川に100年くらい前から生息している「春産卵の原種」で、本州で釣れるものとはまるで違う姿をしている。その完璧な魚体に驚かされた。

北海道への渓流遠征釣行で75cmイトウ堂々浮上 エサ釣りでキャッチ50cmニジマスも出た(提供:刊つりニュース関東版 上谷泰久)

次々にヒットする魚に腕が痺れ、2時間で十分満喫。イワナは45cm、ニジマスは50cmが出た。当然、釣魚はその場ですべてリリースし、その日の宿に向かった。

増水を避けてイトウを狙う

6月1日(水)の朝まで降り続いた雨だったが、なんとか小降りになる。しかし本流中流域は濁り増水している。「この流れでは無理だ」と、友人はなんとか釣りが可能なポイントを案内してくれた。

イトウは底流しが基本。まずは友人がルアーで手本を見せてくれた。友人はポイントの見きわめが早く、あっという間に50cmほどのイトウをキャッチ。さっそく私も本流竿を伸ばし、挑戦する。

1時間ほどポイントを探しさまよった。川底は泥炭で、一歩一歩シューズが埋まる感覚、いわゆる湿原を流れているイメージ。するとやっとアタリが出た。掛かってきたのは大きなウグイ。この魚がイトウの存在を知らせるサイン。ウグイはイトウのエサなのだ。単純明解だ。

50cm級イトウ登場

ハリに太いミミズを4本房掛けにして、オモリが底を転がるようにゆっくり流れに乗せるとヒット。すごい重量感だ。体を大きくくねらせる迫力のファイトに圧倒されてしまう。しかしサイズは小型の50cm級で難なくゲット! 野性のイトウは保護すべき種なので、丁寧に扱ってリリースした。

湿原の原野を掻き分け上流へ進んだ。川にヤナギの枝が覆い被さるポイントで、友人が「ここはルアーで狙いにくく、エサ釣り有利だ」と勧めてくれる。

枝に引っ掛けないよう注意して流すと、鈍いアタリで目印が止まった。大きくアワせると、根掛かりしたかのような重量感。その直後、黄色っぽい巨大な魚体が姿を現した。「うわ、きたっ!」

次のページで75cmイトウが堂々浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。