磯フカセ釣りで42cm頭に良型イサキ好捕 アカハタとクロも手中で大満足

磯フカセ釣りで42cm頭に良型イサキ好捕 アカハタとクロも手中で大満足

5月21日に大分県南、蒲江は深島に釣り仲間とともに出掛けました。狙いは「イサキ」。まだ少しシーズンには早いかなぁ~と思いつつ、可能性の高い場所である深島を選びました。渡船は、毎度の「ふかしま丸」さんにお世話になりまして、磯場は「森崎鼻」に上礁です。昨年もこの場所でイサキの数釣りを経験しており、期待が募ります!

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

海釣り 磯釣り

イサキ釣りの仕掛けとエサ

イサキ狙いということで、通常よりかは深いタナを探っていきたいところ。初っ端から、「スーパーエキスパートUEの0c」に遊動ガン玉G3装着です。これでアタリがなく、エサが残るようであれば、ハリ上30cmにG5のガン玉を追加することにします。このウキは、潮なじみもよく、遠投性にも優れている万能ウキで、私のお気に入りです。

集魚材は、遠近ともに攻めることができて拡散性も十分にある、「グレナビ」を使用です。これが私の夏のイサキ釣りスタイルです!

1投目からヒットもハリス切れ

1投目、まだ仕掛けが馴染みきっていない状況で、目を見張るような強烈なアタリが到来です。掛けた魚はぐんぐんと怒涛の走りを見せて、止めきれません。ついには、足元の沈み瀬に一直線(涙)。ファーストヒットの貴重な魚は痛恨のハリス切れとなりました。良型のクロのような気がしましたが、正体を確認することはできませんでした。

しばらくして、最初に魚を掛けたのは、坂井さんでした。小さいながらも明確なアタリを見極めお土産として最高な「ハゴイタ」をGETです♪

磯フカセ釣りで42cm頭に良型イサキ好捕 アカハタとクロも手中で大満足坂井さんと「ハゴイタ」(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

42cm頭に良型イサキ好捕

「やった!」という声に思わず振り返りました。私と同じイサキ狙いをしている藤本さん。ついに大本命のイサキを手にしていました。すぐさま駆け寄り、釣ったイサキを見せてもらうとお腹がまんまるの良型38cmのイサキでした。続けざまに、坂井さんも嬉しそうにイサキをGET。

ついに来たか!?イサキ潮。イサキ釣りが得意な藤本さんは、先打ちまきエサ、仕掛けの投入、追い打ちまきエサとテンポよく上手にイサキを攻略しています。私も続きたいところですが、朝一番の雨のせいで、ラインが穂先に絡み難儀です。

穂先に絡んだラインを藤本さんに見てもらいました。その間、仕掛けを投げた藤本さんのサオを手に持っていると、バチバチ~と手元のラインがものすごいスピードで弾けました。咄嗟にアワセを入れ、魚とのやり取りスタートです。

イサキ特有の強烈な引きを味わいながら浮かせると、驚きのビッグイサキです!!この日の最大となる42cmの良型イサキだったのです♪藤本さんと私…一体どちらが釣ったことになるのか?

磯フカセ釣りで42cm頭に良型イサキ好捕 アカハタとクロも手中で大満足良型イサキをキャッチ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

ロックゲームでアカハタ手中

お膳立てイサキをGETした私は、今度はアカハタを狙いに徹します。こちらもシーズンインにはまだ早そうですが、やってみましょう!!ロックフィッシュサオに、ガンガンジグで誘いを掛けます。

なかなかアタリが出ずに、諦めかけたころに、ようやくガツンとしたアタリ♪ゴロタ岩周りでの狙いだったので、根に潜られないように、サオを立てて一気に巻き取ります。念願の美しい魚体のアカハタに満面の笑みの私です。

磯フカセ釣りで42cm頭に良型イサキ好捕 アカハタとクロも手中で大満足アカハタキャッチ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

次のページで43cmクロも登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。