穴釣りのウェイト選び方 釣り場シチュエーションごと使い分け術を解説

穴釣りのウェイト選び方 釣り場シチュエーションごと使い分け術を解説

オールシーズン楽しめる穴釣り。どんな時期でも安定した釣果を得られる釣りです。誰でも簡単に、根に潜む高級魚を狙えます。そんな、穴釣りで結果を出すには、ウェイト選びが重要です。ちょっとした違いが釣果に繋がります。今回は、穴釣りのウェイト選びについて紹介する内容です。穴釣りで釣果をあげたい方は、ぜひ参考にしてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

Avatar photo
あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

シチュエーション別のウェイト選び

シチュエーション別のウェイト選びを紹介します。場所に合ったウェイトを使い、釣果をあげてみましょう。

穴釣りのウェイト選び方 釣り場シチュエーションごと使い分け術を解説シチュエーションでウェイトをかえよう(提供:TSURINEWSライターあつ)

テトラポッド

テトラポッドを狙う際は、5~10gのウェイトを使うといいです。水深が浅ければ、5~7gを使うようにしてください。水深が深い場合には、10gを選択して手返しを重視するのもいいです。水深に合わせて相応しいウェイトを試してください。

ロックエリア

ロックエリアは、3~5gのウェイトを使いましょう。岩場は、基本的に浅瀬が多くなっています。重たいウェイトを使うと、岩の隙間に入って釣りにくくなります。軽いウェイトで探って、食わせるようにしましょう。

堤防沿い

堤防沿いは、1~3gのウェイトで狙うといいです。軽ければ軽いほど食いがよくなります。しかし、軽すぎると水深が深かった場合、手返しが悪くなります。水深が浅い堤防は1~2g、深い堤防は3g以上を軸に選んでみてください。

穴釣りで爆釣を

穴釣りをしている方でも、気にしていないウェイト。細かい場所にもこだわってあげることで、釣果に差が出てきます。ポイントは、場所に応じて相応しいウェイトを使い分けることです。これだけで穴釣りで爆釣が狙えます。今回紹介した内容を参考に、穴釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<あつ/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。