穴釣りのウェイト選び方 釣り場シチュエーションごと使い分け術を解説

穴釣りのウェイト選び方 釣り場シチュエーションごと使い分け術を解説

オールシーズン楽しめる穴釣り。どんな時期でも安定した釣果を得られる釣りです。誰でも簡単に、根に潜む高級魚を狙えます。そんな、穴釣りで結果を出すには、ウェイト選びが重要です。ちょっとした違いが釣果に繋がります。今回は、穴釣りのウェイト選びについて紹介する内容です。穴釣りで釣果をあげたい方は、ぜひ参考にしてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

穴釣りのウェイト

穴釣りをする際は、ウェイトに注目してみましょう。エサが大切だと思っている方が多いですが、ウェイト選びでも魚の食いが大きくかわります。

また、根のすり抜けや、引っ掛かりにも大きく関わってきます。その場に応じて、適切なウェイト選びをしましょう。

使い分ける理由とは?

ウェイトを使い分ける理由について紹介します。今まで気にしたことがなかった方は、確認してみましょう。

穴釣りのウェイト選び方 釣り場シチュエーションごと使い分け術を解説ウェイトを使い分けて攻略(提供:TSURINEWSライターあつ)

食いがよくなる

軽いウェイトを選ぶと、食いがよくなります。ゆっくりとフォールして、食わせの間を与えてくれるのです。口に含んでからの違和感もなくなります。ポイントは、狙う場所に対して、ギリギリ攻められるくらいの軽い重量を選ぶことです。あまりにも軽いと、落としにくくなってしまうので、注意しましょう。

フォールが早くなる

ウェイトを使い分ければ、フォールを早くすることができます。これは、重たいウェイトを選択したときです。主に根が荒い場所で、重たいウェイトを使用します。必然的にフォールが早くなり、着底が取りやすくなります。手返しがよくなるので、効率的です。

根掛かりしにくくなる

軽いウェイトを使用すると、根掛かりする確率を減らせます。オモリが岩と岩の間に挟まりにくくなるのです。重たいウェイトを使用すると、フォールの勢いで隙間に入り込む可能性があります。根掛かりを少なくするためにも、場所によって適切なウェイト選択をしましょう。

次のページで状況別のウェイト選び方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。