電動タイラバ釣行で乗っ込み大ダイ攻略 仕掛けひと工夫でゲストも連発

電動タイラバ釣行で乗っ込み大ダイ攻略 仕掛けひと工夫でゲストも連発

5月のGW前半に、日本海の津居山港沖で旬の乗っ込み大マダイを狙って、タイラバ・ゲームに挑戦してみたしてみた。狙い通り電動タイラバで乗っ込みの大ダイ攻略し、遊び心から試した仕掛けに一工夫でゲストも連発となった当日の釣りをリポートする。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター森雨魚)

森雨魚

魅惑的な渓流魚や美しいアユとの出会い。そして、釣り人の一生懸命を皆さんにお伝えさえて頂きます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

釣友の船で津居山沖へ

当日は円山川河口の津居山港から釣友のマイボートで、風と波の状況を見極めて午前7時過ぎに出船。

予報通りに波も0.5m高とおさまり、お目当てのポイントに15分程で到着し、早速、乗っ込みマダイを狙ってみることにした。

電動タイラバ釣行で乗っ込み大ダイ攻略 仕掛けひと工夫でゲストも連発津居山港(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

釣友に早速本命65cm

水深80mラインのこのポイントは、潮流れが速く180gのタイラバを付けてもPEライン2号が140mも出てしまうほどのフィールド。仕方なく200gにウエイトアップしてようやくボトムをサーチに成功する。ハードな釣りになりそうだ。

そんな中、ファーストヒットしたのは、岸田キャプテン。「きた、きた、きたよ!」ガンガンとロッドティップが引き込まれ、小刻みにドラグが鳴る。

余裕を持ってじっくりと臨戦態勢に入り、そして、「ドン!」海面に姿を現したのは、65cmアップのメスの乗っ込みマダイ。とても綺麗だ。

電動タイラバ釣行で乗っ込み大ダイ攻略 仕掛けひと工夫でゲストも連発ファーストヒットのメスマダイ(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

スロースピードでレンコダイを攻略

その後、私にも会心のヒット!ゆっくりと慎重に巻き上げ、ハラハラ・ドキドキで「あと、15m!」と、思わず自分を励ましながら釣り上げた獲物は、45cmサイズのレンコダイ。二人して幸先のいいスタートとなった。

電動タイラバ釣行で乗っ込み大ダイ攻略 仕掛けひと工夫でゲストも連発スロースピードに好反応のレンコダイ(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

パターをつかんでヒット!

そして、大きく東のポイントへ移動。ここの水深は90m。やや潮流れは緩やかなのか、ラインは200gタイラバで120mのカウンター表示でボトムサーチに成功。

電動リールのやや巻き上げスピードの速い岸田キャプテンにまたまたヒット。今度はドラグ音が重々しく感じられ、大物の予感がよぎる。慎重に引き込みに耐えて自らネットに取り込んだのは、70cmオーバーのメスの大マダイ。

腕前と経験値が高いのはさすがです。

巻きスピードを潮流に合わせて的中ヒット!

岸田キャプテンからアドバイスを受けて、やや電動リールの巻きスピードを上げると、見事に的中!私にも会心のアタリとともに大マダイの引き込みが容赦なく襲ってきた。

ドラグが滑るたびに「オッ、オオッツ!」と、小声を上げながら、ワクワクしながらカウンターを見守り、いよいよご対面。そしていよいよ海面に姿を現したのは、80cmアップのオスの大マダイ。

この大マダイに会いたかった。「やったぜ!」最高の気分です。

電動タイラバ釣行で乗っ込み大ダイ攻略 仕掛けひと工夫でゲストも連発オスの大マダイゲット!(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

次のページで仕掛けに工夫しゲスト連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。