堤防サビキ釣りの裏技テクニック 釣果に差が出る【集魚材の使い方】

堤防サビキ釣りの裏技テクニック 釣果に差が出る【集魚材の使い方】

初心者でも手軽に楽しめるサビキ釣り。アジやサバなどの魚をたくさん釣り上げられます。そんな、サビキ釣りのコマセに「集魚材(集魚剤)」を入れると、さらなる釣果アップが期待できます。今回の記事は、サビキ釣りの集魚材について紹介する内容です。爆釣を味わいたい方は、ぜひ参考にしてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

サビキ釣りの集魚材とは?

サビキ釣りの集魚材は、コマセに混ぜる粉末タイプの粉です。アミエビや、魚粉などのニオイ成分が配合されています。コマセに混ぜると集魚効果がアップして、魚が釣れやすくなるアイテムです。初心者でも数釣りが体験できます。

サビキ釣りに集魚材を使うメリットは?

サビキ釣りに集魚材を使うメリットを紹介します。集魚材を使ったことがない方は、確認しておきましょう。

堤防サビキ釣りの裏技テクニック 釣果に差が出る【集魚材の使い方】集魚材で釣果アップ(提供:TSURINEWSライターあつ)

集魚効果が高い

集魚材は、集魚効果が高いです。アミエビや、魚などのニオイ成分が豊富に含まれています。ニオイにつられて魚がやってくるのです。また、集魚材は、水中に入れたときに煙幕が発生します。水中で目立ってくれるので、魚が集まりやすいです。

投入したエリアに魚が止まる

集魚材を使うと、投入したエリアに魚が止まってくれます。ニオイが同じ場所に残り続けるからです。魚達は、まだエサがあると認識して、同じ場所に止まってくれます。群れを残すことができるので、継続した釣果が得られるのです。

夜でも発見しやすい

集魚材は、夜でも発見しやすいです。白に近いカラーのものが多く、水中で目立ってくれます。遠くから魚を誘き寄せることができるアイテムです。また、集魚材によっては、キラキラ光タイプのものもあります。夜でも目立ってくれるので、釣果を上げやすいです。

集魚材の使い方!【サビキ】

集魚材の使い方を紹介します。使用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

堤防サビキ釣りの裏技テクニック 釣果に差が出る【集魚材の使い方】アミエビはしっかり解凍(提供:TSURINEWSライターあつ)

アミエビブロックを解凍する

アミエビブロックを解凍します。袋から取り出し、バッカンやバケツに入れておきましょう。アミエビブロックは、しっかりと溶かしておくと良いです。解凍ができていないと、水中でバラけてくれません。また、集魚材も混ぜにくいので、完全に解凍してください。

集魚材を混ぜる

コマセに集魚材を混ぜます。コマセと集魚材を1:1で混ぜるのがポイントです。水が少ないと思った場合には、途中で足しても構いません。コマセにたくさんの集魚材を入れてしまうと、固まりすぎてしまいます。水中で上手く溶けないので、分量は守ってください。

集魚材使用の注意点

集魚材は、ニオイが強いものが多いです。服についてしまうと、なかなか取れません。十分に注意して扱うか、汚れてもいい服で使いましょう。また、集魚材を配合したコマセは、釣り場に残さないようにしてください。悪臭の原因になってしまいます。帰る際は、必ず洗い流すようにしましょう。

次のページで集魚材で爆釣体験を!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。