カープフィッシングで90cmオーバー巨鯉が連発 珍しいドイツ鯉も登場

カープフィッシングで90cmオーバー巨鯉が連発 珍しいドイツ鯉も登場

現在1ヶ月のロングランで釣った鯉の大きさを競う大会期間中。そこで大型の実績のある汽水域河川へテント泊しながらのカープフィッシングをしてきました。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター大嶋康聖)

大嶋康聖

愛知県名古屋市在住。[カープオンリージャパンフィールドスタッフ]身近なBIG GAMEであるカープフィッシングの魅力を伝えていきたいです。

×閉じる

淡水の釣り コイ釣り

都市河川でカープフィッシング

小雨の降る5月22日の夜、愛知県にある汽水域都市河川へとカープフィッシングに出かけました。前日の夜に下見をすると岸際にエビやカニ、小魚などのベイトが多数いるのを確認しました。これは夜に鯉がこれらのベイトを捕食しに接岸すると予想。そこで普段は日中の釣りですが、テント泊で夜釣りをすることにしました。

ボイリーとタックル

フィーディング(まきエサ)に使用するボイリーはベイトに合わせて甲殻類の入っているものを使用しました。

カープフィッシングで90cmオーバー巨鯉が連発 珍しいドイツ鯉も登場甲殻類入りのボイリー(提供:TSURINEWSライター大嶋康聖)

使用タックル

今回タックルは投竿3.6mに4000番のリール(ラインは5号)を使用しました。また無線式のバイトアラーム使いましたのでアタリがあると受信が鳴って知らせてくれます。

カープフィッシングで90cmオーバー巨鯉が連発 珍しいドイツ鯉も登場タックルは万全(提供:TSURINEWSライター大嶋康聖)

仕掛け

仕掛けはロニーリグと呼ばれるリグを選択。フッキング率が良く、浮力のあるポップアップと呼ばれるベイトを使用して水中でアピールをします。

カープフィッシングで90cmオーバー巨鯉が連発 珍しいドイツ鯉も登場ロニーリグ(提供:TSURINEWSライター大嶋康聖)

開始早々に96cm15kg大型鯉ヒット

予定通り夜の23時頃の潮止まりに合わせて到着。アタリは下潮に入って水が動き始めるタイミングと予想。しかしタイドグラフと少しズレがあり潮止まり時間より早めに下げ始めていたため、予定より少し早めにスタートしました。狙うは前日下見をした岸際1mほどのポイント。

ボイリーを2掴みほどフィーディングしてフックベイツを投入。すると30分ほどでヒット。

カープフィッシングで90cmオーバー巨鯉が連発 珍しいドイツ鯉も登場早々に90cm超えヒット(提供:TSURINEWSライター大嶋康聖)

強烈な引きで楽しませてくれたのは96cm15kgの大型。いきなり最高の結果が出てくれました。

90cmオーバーが連発!

これは幸先が良いと次も期待していると1時間後にまたヒット。沖へ一気に突っ走って橋桁に巻いて抵抗します。慌てずに慎重にやり取りをしてネットインしたのは97cm12kg。

カープフィッシングで90cmオーバー巨鯉が連発 珍しいドイツ鯉も登場90cm超え連発(提供:TSURINEWSライター大嶋康聖)

予想通り、夜の岸際パターンに合わせることができました。その後明け方前の干潮潮止まりまでにさらに3本追加しました。

次のページで珍しいミラーカープ(ドイツ鯉)が登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。