釣魚で作る干物レシピ:カサゴの一夜干し 冷蔵庫干しでもOK

釣魚で作る干物レシピ:カサゴの一夜干し 冷蔵庫干しでもOK

手軽な釣りものとして知られるカサゴ。「小型は唐揚げやみそ汁」という人が大半だが、もうひと品追加してほしい。今回紹介するのは「カサゴの一夜干し」。ちょっとした工夫で、味が凝縮された絶品料理に変身する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

持ち帰り方

釣れたカサゴは、そのままクーラーに入れる。氷を多めに入れ、しっかり冷やして持ち帰るのが鮮度を保つコツ。ただし、乱獲を避けて食べる分だけにとどめよう。

下処理

持ち帰ったカサゴはシンクに移し、しっかり水洗いする。次にウロコを剥ぎ、頭とワタを取る。ウロコを剥ぐ際は水道水をあてながら行うと、シンクにウロコが飛び散らない。なかには水を張ったボウルの中でする人もいるので、試してみよう。

釣魚で作る干物レシピ:カサゴの一夜干し 冷蔵庫干しでもOKウロコを剥いで頭とワタを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

大名おろし

下処理を終えたカサゴはエラとワタを取り、3枚におろす。小型で丸型の魚は大名おろしが簡単で楽だ。

釣魚で作る干物レシピ:カサゴの一夜干し 冷蔵庫干しでもOK大名おろしが簡単で楽(提供:TSURINEWSライター松田正記)

フィレにする

3枚におろしたカサゴは腹骨を取ってフィレ(開く)にし、干す工程に。ちなみに15cmほどの小型であれば中骨は取らなくでも、食べる時に気にならない。だだし、20cm級なら、中骨も外しておこう。

釣魚で作る干物レシピ:カサゴの一夜干し 冷蔵庫干しでもOKフィレの状態にして干す(提供:TSURINEWSライター松田正記)

5~6時間干す

干す時は専用のネットに入れる。夕方から宵の口にかけてのタイミングが気温の変化が少なくてGOOD。雨の場合は魚を皿に並べ、冷蔵室内で干してもOK。いずれも魚の表面が少し乾けば一夜干しの完成。

干す時間の目安は、いずれも5~6時間。万一、干した魚を取り込むのを忘れても、さほど硬くならないので大丈夫。

焼き加減

干したものを食べる時は、グリルで焼く。皮の表面に少し焦げ目が付けばできあがり。干すことで味が凝縮され、熱いご飯はもちろん、日本酒にもよく合う。

ほかの料理も

残った頭と骨は唐揚げやみそ汁にし、余すことなく食べよう。一度に食べきれない時は冷凍してもいい。その際、頭はキッチンペーパーに包んでラップをかけ、骨は片栗粉をまぶして冷凍する。こうして保存すれば3か月以上持つ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。