大阪湾アジングで本命1匹もプラグでメバル連発 メバリング集中が吉?

大阪湾アジングで本命1匹もプラグでメバル連発 メバリング集中が吉?

前日メバルはよく釣れたものの、アジを釣りきれなかったので、気を奮い立たせて連日の釣行に向かった。結果、なんとか本命1匹出た。おまけにメバルも追釣することができた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

釣行当日は5月4日の大阪南港、夕方の中潮上げ。西風フォローで強め。ライトゲームでは少しメンディングしづらいくらいの4mの風だが、フォローな分、私にとってはやりやすい。私は向かい風が大の苦手だ。これならまだ、なんとかなる。

しかし魚の気分は連日あまりよろしくない。今年はほとんど回遊がないと思われるセグロを狙って日没前からしゃんしゃんと重めのジグ単を動かしてみるが、反応なし。

風が止んでくれたらな、と思っていたら、徐々に弱まってきた。こうなると言い訳ができない。釣れなかったら条件のせいではない。その理由は、自分の腕に帰すものだ。

さあ、どうなる?アジよ。

時合いにアジ辛勝

手前で何かが触った。1.5gのヘッドに2inchワーム。同じワームは見切られたので、ソリッド系の色だけ合わせてワームチェンジし、まったく同じコースとレンジを通した。すると、思った通りの再現性あるアタリをキャッチ。なんとか1匹拾えた!

大阪湾アジングで本命1匹もプラグでメバル連発 メバリング集中が吉?春アジ辛勝(提供:TSURINEWSライター井上海生)

そのあと同じ場所でアタリ、しかしこれはキビレ。水面に浮上したところで顔を振られてバラシ。まあいっか。けれど、そこから2時間、ダメだった。おそらく、魚にイトを見られた感じだ。表層にライズしていたりするのに、どうしても口を使わせられない。

悩む。この春アジ、下げ潮で食いが立ったこともあるのだ。しかしこの日潮が下げてくるのはまだまだ先。それよりは確実なメバルを打ちにいくかと思い、アジはここまでとした。

なんだか今年はこの見切り方が多いな。アジに負のイメージがどうしても湧いてしまう。

移動してメバル連発劇

メバルは連日のパターン。二日続けてプラグの日で、こういうこともあるのだが、おそらく来週になったらまったく違う海になっているのかもしれない。二日連続でプラグの日もなかなかない。魚はコロッと気分が変わるので、いい日に当たったと偶然を喜びたい。

大阪湾アジングで本命1匹もプラグでメバル連発 メバリング集中が吉?最大は26cmくらい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

この日もレンジがド表層で、沈めると食ってこない。

しかし、私がサーチをいい加減にした部分もある。このサイズのメバルがぽんぽん出るならば尺前や尺もおそらくいるのだ。ボトム上をしんねりと通したり、ワームで中層以下のフォールの釣りを試したりと、そのようなアレンジを加えなかった。釣れる魚だけを釣っていった。今度からはもう少しチャレンジ精神が必要だろう。

GW最後の釣行となった。この日のストップフィッシングは、痛恨のラインブレイク。ラストにアジングロッドに持ち替えて、アジがアタらないのでふてくされてまたキワに投げていたら、メバルがきた。ドラグを緩めて舐めプみたいにしていたら、何かに擦られた。要らぬロストをしてしまったが、こういう反省があるからまた海に通うのだ。逃がした魚も大きい。

次のページではアジがアフターかどうかを検証!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。