ボートエギングで1.7kgアオリイカ 悪条件だからこそ得られたものとは?

ボートエギングで1.7kgアオリイカ 悪条件だからこそ得られたものとは?

2022年GW、前回のボートエギング釣行から2日後に再び行ってきました。当日はエギング界のカリスマ「山田ヒロヒト」さんが主催するオンラインサロンメンバーでボートをチャーター。悪条件の中で試行錯誤が実ったエギング釣行の模様をお届けします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターYAHA)

YAHA

拠点は熊本•鹿児島をはじめとして九州各地、エギングをメインにティップランやジギングなど幅広く釣りを楽しんでます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

北九州でボートエギング釣行

今回も北九州市門司港より出船しているアオリイカ専門遊漁船Boothさんにお世話になりました。

タックル

ロッド=ストイストRT 88ML
リール=22イグジストFC LT2500S
ライン=PE-EGI ULT HS4 0.6号
リーダー=EGI LEADER BS 2.5号

当日の状況と作戦

天気は曇り、風向き的にうねりは激しくはないものの朝から1日を通して爆風の模様。潮回りは、大潮明けの中潮4日目です。細かな作戦を実践したいところですが、あいにくの爆風の状況。エギングではラインが風に煽られる状況はよくありません。この状況に慣れることがまずは大事かと思い、ラインに気を配りながら基礎的なエギングをやっていく作戦です。

ボートエギングで1.7kgアオリイカ 悪条件だからこそ得られたものとは?暴風のコンディション(提供:TSURINEWSライターYAHA)

釣りづらい状況の中300gメスイカ

爆風のコンディションはおさまることはなく、釣りづらい状況の中でスタート。1箇所目を何度も流しましたが釣ることができず、2箇所目のポイントで、秋サイズ300g程度のメスイカをなんとか釣ることができました。小さいメスなので、まだまだこれからの成長と産卵に期待し、今回はリリースです。

作戦成功で1.75kgアオリイカ浮上!

朝マヅメが過ぎると、風もさらに強くなりました。ラインが煽られエギが不安定な動きをすると考え、エギに1.5gシンカーをプラス。かつ、ラインをあおられ過ぎないよう遠くまでキャストせずに、丁寧にエギを動かすことを意識しました。

その作戦で何回か流している中、サオ先に違和感がありグッとアワせると、ドラグの音とともに一気にラインが放出されます。なかなかのサイズと確信し、焦ることなく丁寧に引き寄せ、無事ネットインしました。1.75g、見事なオスのアオリイカ。朝から船中で大型が釣れていない中、何とか引き寄せた価値ある一杯です。

ボートエギングで1.7kgアオリイカ 悪条件だからこそ得られたものとは?1.75kgアオリイカ浮上(提供:TSURINEWSライターYAHA)

次のページでフワフワさせて追釣り成功

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。