スーパーライトジギング(SLJ)における【皮付きフックのメリット】

スーパーライトジギング(SLJ)における【皮付きフックのメリット】

いろんな魚が釣れて、オールシーズン楽しめるSLJ。メタルジグも大切なのですが、フック選びも重要なポイントです。SLJのフックには、「皮付きフック」がおすすめです。状況によっては、爆釣が狙えます。今回の記事では、皮付きフックのメリットや、デメリットについて解説します。SLJで様々な魚種を釣るために、確認しておきましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

皮付きフックとは

皮付きフックは、魚の皮がついているハリです。主にサバ皮が使われることが多く、サビキなどにも使用されています。魚にアピールでき、捕食するエサに見せることができるアイテムです。メタルジグのフックに使えば、釣果アップが期待できます。

皮付きフックを使うメリット

SLJで皮付きフックを使うメリットを紹介します。メリットを知れば、効果的なタイミングも分かるので、参考にしてください。

スーパーライトジギング(SLJ)における【皮付きフックのメリット】皮付きフック(提供:TSURINEWSライターあつ)

バイトが増える

皮付きフックを使えば、魚からのバイトを増やせます。動きがナチュラルになったり、エサに見えたりするからです。見た目が本物の魚に近づくので、バイトが確実に増えます。食いが渋い状況にも使えるアイテムです。

アピール力が増す

皮付きフックを使うと、アピール力が増します。フックに使われている皮には、光を反射させる効果があるからです。このフラッシング効果が、メタルジグを海中で目立たせてくれます。遠くにいる魚に、アピールすることが可能です。皮付きフックの高いアピール力で、効率的に魚が釣れます。

フッキングがよくなる

皮付きフックは、バイトマーカーの役割も果たします。魚が皮に向かってバイトしてくれるので、必然的にフックに掛かりやすくなるのです。口のなかに掛かってしまえば、バレることはほとんどありません。フッキングがよくなり、バラシにくくしてくれます。

SLJで皮付きフックを使うデメリット

SLJで皮付きフックを使うデメリットを解説します。使ってから後悔しないよう、事前に確認しておいてください。

皮がフックから外れやすい

皮付きフックについている皮は、フックから外れやすいです。魚が食いついたり、暴れたりすると徐々に傷んでいきます。皮が劣化していき、最終的にはフックから外れてしまうのです。耐久性が低いので、多めにかえのフックを持っていきましょう。

フォールが少し遅くなる

皮付きフックを使うと、フォールスピードが遅くなります。水流の抵抗を大きく受けてしまうからです。フォールスピードを落としたくない方は、小さい皮がついているフックを選ぶといいでしょう。

次のページでは皮付きフックで目指せ釣果アップ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。