『関アジ』狙い船サビキ釣りで40cm超え本命連掛け&入れ食いを堪能

『関アジ』狙い船サビキ釣りで40cm超え本命連掛け&入れ食いを堪能

大分市・家島港の釣吉丸で関アジ釣りに行きました。初夏の好シーズン突入し、良型40cm超えの連掛けに入れ食いもあった、関アジ釣りをレポートします。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀 泉)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣吉丸で関アジ釣り

5月上旬、度々お世話になっている大分市・家島港の釣吉丸で関アジ釣りに行きました。無料宿泊所を利用できるため、遠方の釣り人にはとてもありがたいです。

午前5時30分に出船し、30分~1時間程度で水深100mくらいのポイントに到着、電動リールを使用しての釣りになります。かなり重いオモリを使うため疲労が軽減でき、またアジが掛かって暴れるとオマツリの原因になるため、電動リールは必須といってもよいと思います。

口切れを防ぐためのクッションゴムとサビキバリ、アンドンカゴをセットで準備完了。エサのアミエビをポイント到着までに手際よくポーターさんがセットしていただけるので、あとはカゴにエビを詰めればすぐに釣りを開始できます。

『関アジ』狙い船サビキ釣りで40cm超え本命連掛け&入れ食いを堪能関アジの仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀 泉)

1投目から良型アジゲット

1投目、水深100mの深場に仕掛けを送り込みます。最初の1、2投はエサを十分にまく必要があるということで、同船者と協力して早めに巻き上げまきエサをします。

ところが、私は1投目から着底と同時にアタリがあり、ドキドキして巻き上げて良型アジをゲットしました。これは幸先がいいです。

その後、2投目には続かず風がどんどんと強くなり、船が押されてせっかくまいたエサが散らばってしまうような状況でなかなか群れが集まらないため、それを追って移動を繰り返します。ぽつぽつとはアタリがあるものの、なかなか良い反応が続かない状況で我慢の時間がすぎました。

良型アジが入れ食い

10時くらいになると、船長から「魚探にいい反応が出ているよー」とのアナウンス。その反応はすぐに釣果となって現れました。フォール中にも食ってくる良い反応、しかも上がってくるのはどれも良型で40cm超えの連掛けも増えてきました。

『関アジ』狙い船サビキ釣りで40cm超え本命連掛け&入れ食いを堪能良型を連掛け(提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀 泉)

船内は一気に賑やかになりポーターさんも大忙し。私にも着底と同時にすぐ強烈なアタリがあり、活性の良さを感じます。ただ100mの深場からの巻き上げのため、上がってくるまでにバラしてしまうことも多く、巻き上げスピードの調整が必要です。速いと口切れしますし、遅すぎると逃げられてしまいすので、なかなか悩ましいところです。

最初、サオをラークに置いたまま巻き上げていたのですが、上がってくるまでにバラしてしまうことが多く、手持ちで微妙に調整しながら巻いたらバラシが減りました。また、「魚の大きさに対してハリが少し小さいかも?」とポーターさんにアドバイスをもらい、ハリを大きいサイズに変更すると、徐々にバラシが減り上がってくるようになりました。

良い反応、いわゆる入れ食い状態が続いていましたが、反応が一段落したところで正午ごろに納竿となりました。

次のページで当日の釣果を刺し身で満喫!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。