梅雨ナマズゲーム攻略裏技 狙うポイントは幅30cmの「激ホソ」?

梅雨ナマズゲーム攻略裏技 狙うポイントは幅30cmの「激ホソ」?

いよいよ梅雨の季節を迎えます。雨が降る日は釣りに行く気力もない……そんなあなたに、雨だからこそ釣れるナマズ釣りのご紹介!梅雨の雨が続きシーズンに新たな釣りを開拓してみては?

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ルアー&フライ ナマズ

ナマズゲームとは

ナマズゲームとは、ノイジー系やジッターバグといった水面を泳ぐトップルアーを使用してナマズを釣る釣りです。

トップルアーの中でもルアーにカップがついて「ポコポコ」とバブル音を立てながら泳ぐルアーがオススメ。ナマズは目が悪い魚として知られており、ヒゲでベイトの動きなどを理解するとも言われているため、なるべくナマズのヒゲセンサーにアピールできるようにハイアピールのルアーが吉です!

梅雨ナマズゲーム攻略裏技 狙うポイントは幅30cmの「激ホソ」?トップルアーでナマズを攻略(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

狙いのポイント

泥底でもストラクチャー周りでもどこにでもいるナマズ。ただ昼間はストラクチャーや物陰に隠れていることも多いです。釣り場の水深は10cm~1mまで狙いますが、1番釣れやすいのは水深30~50cmのシャローです。ルアーの波動をナマズのヒゲセンサーが感知するのにちょうどいい水深なのかもしれないですね。

アクション方法

釣りの基本はタダ巻きでOK。ジッターバグなどのルアーはタダ巻きでアクションしてくれるので、不用意なアクションは必要ないです。ただし、ごみ溜まりやウィードエリアを狙う場合はタダ巻きだとルアーの動きが悪くなるので、トゥイッチを入れながら狙う場合もあります。

梅雨ナマズゲーム攻略裏技 狙うポイントは幅30cmの「激ホソ」?釣りの基本はタダ巻き(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

バイトの出方

ナマズは「バフっ!バフっ!」や「ボゴッ」といった水面を吸い込むような豪快なバイト音を出します。豪快すぎて早アワセしすぎてしまう場合もありますが、先ほども述べたようにナマズは目が悪く、バイトが下手です。なので、アワせるタイミングは吟味しましょう。しっかりとナマズがルアーを咥えてロッドに重みが加わった時点でのフッキングが理想です(そう言っておいていつも早アワセしてしまう筆者です)

次のページで雨の日のナマズの特徴・狙いを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。