初夏の熊本で磯釣り満喫 45cm尾長グロに50cm級チヌ手中

初夏の熊本で磯釣り満喫 45cm尾長グロに50cm級チヌ手中

初夏を迎えた大江(熊本県)の磯では、釣り物が増加中だ。梅雨グロをはじめ、チヌやバリなどいろいろ釣れる。5月6日に釣行した際は3時間ほどのサオ出しで納得いく釣果に恵まれた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

梅雨グロ釣り

大江の梅雨グロは今年も例年通りにスタート。オキアミ生をエサにしたフカセ釣りで、30~40cmを中心に45cmを超す大型が上がっている。

現地を訪れる釣り人たちは「ことしは梅雨グロの当たり年かもしれない」と口を揃える。

釣行当日の状況

5月6日は久しぶりのベタナギ。午前5時前に大江漁港の渡船に乗り、黒瀬崎周辺の磯を目指した。朝マヅメは尾長グロを狙い、日が高くなってからクロ(クチブト)やチヌ、その合間にエギを振る計画を立てた。

初夏の熊本で磯釣り満喫 45cm尾長グロに50cm級チヌ手中タックル図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

磯に上がると早速準備に。ウキは自重があってラクに遠投できる剛黒、ハリは尾長グロに呑まれにくい南方グレを選択した。

エサ取りに苦戦

まきエサを足元に打ち、まずは瀬際狙い。開始早々のアタリに期待したが、まさかのエサ取りラッシュ。ネンブツダイやサバゴがわいて釣りにならないため、遠投を試みた。

その1投目だった。ウキが勢いよく消え、サオにのった。魚はグイグイ真下に潜り、横に走る。慎重にやり取りし、ゆっくり浮かせたのは45cmほどの尾長グロだった。

次のページで50cm級頭にチヌ連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。