日立沖テンヤマダイ釣りで本命好捕 活性高く多彩なゲストが顔見せ

日立沖テンヤマダイ釣りで本命好捕 活性高く多彩なゲストが顔見せ

4月23日土曜日、前日、前々日と大型マダイが上がっており、乗っ込みマダイ到来の予感がする茨城県日立久慈漁港の第五大貫丸で、初心者2人に大ダイを体験させるべく後輩とひとつテンヤマダイに出航。左舷ミヨシから私を先頭に4人並んで釣りスタート。当日の模様をお届けする。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター寺門義輝)

寺門義輝

茨城、千葉を中心に釣りが大好きな小太りおやじです。我流がおおいですが経験値は高いです。正攻法でだめなときは参考に。

×閉じる

船釣り エサ釣り

当日の状況

天候晴れ、波1m、海水温17度、水深は42mから。今日のロッドは紅牙X69MHBにベイトリールバルケッタBB150DH-HG、遊動テンヤ12号赤金で始めてみる。初心者たちは大貫丸のレンタルロッド。ラッキーなことにこの日おろしたての新品紅牙セット。

この日は満潮7時とスタート直後から流れは穏やか。船長が朝からチャンスタイムだというので期待していたが、船中アタリはぽろぽろ。最初のアタリにアワせたがショウサイフグがぐうぐう言いながら上がってきた。

日立沖テンヤマダイ釣りで本命好捕 活性高く多彩なゲストが顔見せお世話になった大貫丸(提供:TSURINEWSライター寺門義輝)

前半は多彩ゲスト顔見せ

私担当のS君は、バス釣り経験はあるが船釣りは初めて。底を取るのにとりあえず15号のテンヤで始める。一時間たってどうにか底取りができるようになるが、まだアタリが取れずエサをとられるばかり。

流れが止まったので12号に変更させたところでラッキーが舞い降りる。テンヤ回収中にサバ君がヒット。サバのアタリで引きがわかったのかS君覚醒。ハナダイ、ハナダイ、マダイ、カナガシラの連続ヒット。アワセも完璧。

私も負けじとハナダイ、ハナダイ、カナガシラ、ハナダイ、ハナダイ、ハナダイ。ん?マダイは?船中パラパラとマダイが上がってきたのだが、私のサオは、数は釣れどもマダイはこず。

前半活性は高かったものの底付近でのアタリが多く、型はあまり出なかった。全体的に底付近となったため根魚が多く、バラエティーに富んだ釣果となった。ハナダイ7、カナガシラ3、フグ1、カレイ1とアタリはコンスタント。後半に期待。

日立沖テンヤマダイ釣りで本命好捕 活性高く多彩なゲストが顔見せゲストのカレイ(提供:TSURINEWSライター寺門義輝)

初心者に本命マダイヒット

後半、大物狙いに切りかえ、テンヤをシルバーのオーバルテンヤ8号にかえて、前半より上側を狙ってみる。

流れは出てきたものの波はさらに穏やかになり、アタリがとりやすい。それは相手も同じなのか落ちた直後にすぐアタってくる。つまりタナをとる前に掛かってしまう。結果、私のサオにはハナダイばかり。Sくんは私の教えを忠実に守り少し上にタナをとると、キロオーバーのマダイヒット。これはタイ釣りにハマるパターンで、船長もニンマリして写真をとりにくる。

日立沖テンヤマダイ釣りで本命好捕 活性高く多彩なゲストが顔見せ釣友に本命(提供:TSURINEWSライター寺門義輝)

筆者にも待望のマダイ

船中の活性もあがり、船長のマダイあがりましたのアナウンスが連呼される。左舷ともで大きめのマダイが上がりこの日最高1.9Kg。つづけてキロオーバーが何匹か続き、振り返れば10時ごろがピークだったか。大物狙いなのか若船長もこまめに移動、そのたびに私のハナダイが増える。

11時過ぎに16匹目のハナダイを釣り上げた直後にやっとマダイがヒット。0.7kgぐらいでなんとか刺し身にできるレベルだったたがこの日貴重な本命ゲット。

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。