五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中

五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中

春マサシーズン終盤の五島列島でヒラマサのほかヤズ、ヒラメ、マダイなどをキャッチしたオフショアキャスティング&ジギングゲームの模様をレポートしたい。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

春マサ狙いで今年初遠征

今年初の遠征釣行。4月下旬、春マサ狙いで五島福江島に2日間の釣行。今回はいつものメンバーである筆者と寺さんの2人に加えて、筆者の友人で超初心者のまっちゃんも同行し3人での遠征釣行となった。

五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中水之浦港付近の風景(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

初日はキャスティングから

チャーターした遊漁船は今回で4回目となるMANA。一見強面なのにおしゃべり好きのギャップ萌え山口船長は「初心者にも釣らせたい」がモットー。港までの送迎の車中での会話では、釣況はシーズン終盤ということもあってかこの数日はやや渋めとのことだ。

朝6時前に水之浦港出港。最初のポイントはキャスティングゲームでスタート。筆者と寺さんは100g前後のダイビングペンシルをキャスト開始。海面にはナブラなどの目標物はなく、ブラインドキャストの誘い出し。朝一番のチャンスタイムに胸が躍るが、海はかなり凪いでおり、穏やか過ぎるくらいだ。超初心者まっちゃんは船長のレクチャーを受けながらジギング開始。

ジギングで5kgの大ダイ浮上

朝のチャンスタイムは不発。ポイントを何度か移動したのち、今度は全員ジギングで海中を探ってみるが、潮がスカスカでジグの潮絡みがあまりよくない。水深は最大で100mくらい。

ジグを軽めにしてみたり、カラーチェンジも試してみるがヒットなし。すでにヒラマサが食い渋る産卵期に入ってしまったのだろうか、と自分の腕の未熟さは棚上げして勝手な想像を巡らす。

9時頃、筆者の145gのセミロングジグにファーストフィッシュがヒット。けっこうな重量感。しっかりフッキングして慎重なやりとりの末に浮上したのは大型マダイだ。船上計量で5kg73cm。

五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中ファーストヒットの大マダイ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

ネリゴに大型ヒラメも登場

これに続いたのはなんと超初心者のまっちゃんだった。予想外すぎるヒット(笑)。皆の声援のなか、必死にリールをゴリ巻きし、船長のタモに納まったのはネリゴ(小カンパチ)だ。早すぎるビギナーズラック。

五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中初心者まっちゃんネリゴ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

続いて電動ジギングの寺さんにもヒット。浮上したのは4kgオーバーの大ヒラメだ。やはり五島列島、ヒラマサ以外の魚種も豊富でスタンダードサイズのスケールがレベルちがいである。

五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中寺さんにヒラメ4kg(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

ジギングに待望のヒラマサ

その後ポイントを移動しながら、筆者はキャスティングとジギングを楽しむ。ときどきナブラが現われキャストするが、バイトはない。

午後になり少し風が強くなってきたころ、筆者のジグに久々のヒット。強い引きにヒラマサを予感。きつく締め込んだドラグでパワーファイトを堪能。ラインを出さずに釣り上げたのは船上計量で7kg93cmの本命ヒラマサだ。ようやく待望の五島春マサ御開帳である。

五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中筆者ヒラマサ7kg(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

キャスティングでワラサ手中

帰港途中、あちこちに鳥山が発生。鳥山の下では海面にナブラが沸いている。「チャンスですよー!投げますかー?」と山口船長の大きな声。「投げまーす!」と筆者。ポッパーをナブラにキャスト。ルアーを引くとゴンゴンと手応えあるが乗らない。また、別の場所でボイルが出現。船を走らせては、キャストを繰り返す。

何度目のキャストか覚えてはいないが、ナブラのど真ん中に着水したポッパーを引き始めた瞬間にドンときた。追い風に巻き負けないようにリールを高速で巻く。船が流され魚体が船の下を通過し風上の左舷側に入り込むのに合わせ、筆者も船首を通って反対側の左舷側に回り込む。浮いてきた魚体が見えて来た。魚体が海面に浮上し船長のタモにナイスイン。

7kg弱のヤズ(ワラサ)だ。ヒラマサではないが、キャスティングならではのファイトは十分堪能できた。これが初日のラストフィッシュ。

五島列島遠征釣行でヒラマサに大ダイ キャスティングとジギングで手中キャスティングではワラサ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

次のページでは遠征2日目の模様を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。