ボートエギングで1.1kg頭にキロ級アオリ2匹 浅場の海藻エリアでヒット

ボートエギングで1.1kg頭にキロ級アオリ2匹 浅場の海藻エリアでヒット

桜が散り、水温が上がってアオリイカの適性水温に近づいてきた。今回はスタート秒読みのボートエギングにトライ。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

春のボートエギング

船からのアオリイカ狙いと言えばティップランを思い浮かべる方も居るかもしれないが、今回は浅場でのボートエギングだ。ボート、とは言っても使う道具は陸っぱりと何もかわらない。

春用の3~3.5号エギを扱えるエギングロッドで構わない。飛距離が釣果に関わるので、一般的な8ftクラスの長さがいいだろう。リール、ラインも陸っぱり用そのままでいい。

下関「じらまる」に乗船

ボートエギングで1.1kg頭にキロ級アオリ2匹 浅場の海藻エリアでヒット利用した「じらまる」(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

今回は山口県下関豊浦町から出る「じらまる」に乗船。アオリイカに限らずSLJ、タイラバ、イカメタル、ジギング等マルチに楽しませてくれる釣り船だ。

釣行は4月17日(日) 、潮は大潮で、満潮は4時ごろだった。5時30分ごろに港に到着し、6時に出船した。

朝イチはシャローで

当日の水温は14.5度で、ようやく数日前にアオリイカの適水温になったらしい。とりあえず朝マヅメでシャローに入ってくる個体を狙う。見えている海藻帯よりも奥に投げて、海藻に着いているであろうイカを探していく。

水深は船の真下で6mほどで、1m海藻が伸びている。岸に近いほど水深も浅くなるので、それらも考慮しながらキャスト後のフォールカウントは調整する。

開始から15分ほどで待望のアタリがあったが、フックアップせず。投げ直した次のキャストでサオ先をグーンと持っていかれた。

ボートエギングで1.1kg頭にキロ級アオリ2匹 浅場の海藻エリアでヒット1杯目の930g(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ゲットしたのは930gの良型。惜しくもキロには少し足りなかったが、いい引きを味わった。エギはピンクカラーの赤テープ、ラトル入りの3.0号だった。アピールの高いエギで活性の高い個体を狙い撃ちする作戦がハマったようだ。

次のページでキロアップのアオリイカ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。