春のアジング攻略法 【食性・パターン・サカナの探し方を解説】

春のアジング攻略法 【食性・パターン・サカナの探し方を解説】

4月5月というと、アジングでは、春アジの群れとの出会いがある。特に産卵前は良型の食いがよく、一年を通しても面白い時期。しかし、魚の回遊があるかないかは、年によってムラが激しい。そんな春アジの群れにミートする確率を上げるには「定点観測」しかない。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

タイミングは突然に

春アジは本当に突然やってくる。小潮、若潮などあまりイケていない潮回りでも、時合いの一瞬に食ってきたりと、ハプニングがある。しかし一度接岸して食ってくれば、産卵前のパターンは、二週間くらいは続く。そのあと、産卵後のパターンも同様に二週間ほど続く。タイミングをとらえることができれば、春にも1ヶ月はアジングが楽しめるわけだ。この好機は、せっかくならモノにしたい。

春のアジング攻略法 【食性・パターン・サカナの探し方を解説】春アジは突然に(提供:TSURINEWSライター井上海生)

突然の回遊を見逃さないためにも、繰り返しになるが、定点観測だ。アジの回遊があるなら必然的にこのルートを通るに違いないという場所を見つけて、そこに通って釣ってみよう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。