堤防キス釣り超入門 【釣具・仕掛け・投げずに釣る方法を解説】

堤防キス釣り超入門 【釣具・仕掛け・投げずに釣る方法を解説】

これから本格シーズンを迎えるキス。堤防のファミリーフィッシングとしても大人気だ。今回は入門編として、「仕掛けを投げなくても釣れる」方法を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 投釣り

釣り具と場所

用意する釣り具は安価なちょい投げセットでOK。ルアーの経験がある人はバスやエギング用でも代用できる。

堤防キス釣り超入門 【釣具・仕掛け・投げずに釣る方法を解説】道具は安価なちょい投げセットでOK(提供:TSURINEWSライター松田正記)

場所は最寄りの釣り具店にたずねると、実績のあるポイントを数カ所教えてくれるので、しっかりメモしておこう。

堤防キス釣り超入門 【釣具・仕掛け・投げずに釣る方法を解説】タックル例(作図:TSURINEWSライター松田正記)

エサ

エサはアオムシまたはキスゴムシを使う。いずれも30~50gあれば2人で2~3時間楽しめる。ただ、エサがヌルヌルして付けにくいので、専用の滑り止めパウダーをまぶしておきたい。

堤防キス釣り超入門 【釣具・仕掛け・投げずに釣る方法を解説】エサのアオムシ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

仕掛け

仕掛けはキステンビンを使ったちょい投げで、オモリ(テンビン)は3~5号。参考までに、オモリが少しでも軽いほうが根掛かりしにくい。

ハリは市販のキス9~10号を選ぶ。袋から取り出せばすぐに使えるタイプがたくさんあり、大半が2~3本バリになっている。しかし、慣れるまでは1本バリが扱いやすい。

堤防キス釣り超入門 【釣具・仕掛け・投げずに釣る方法を解説】市販の仕掛けを使用(提供:TSURINEWSライター松田正記)

釣り方

釣り方は、ちょい投げで十分。投げたあとは、リールをゆっくり巻きながら、誘いを入れる。魚信がくれば、アワセを入れて同じ速度でリールを巻き、魚が見えたら、そっと抜き上げる。

釣れるキスのサイズは15~20cm級。まれに25cmを超す大物も交じる。15cm以下のピンギス(キスの若魚)はリリースし、食べる分だけを持ち帰るようにしたい。

次のページで「投げずに釣る方法」を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。