春のリアル二刀流ライトゲーム術 夕マヅメはアジングで夜はメバリング

春のリアル二刀流ライトゲーム術 夕マヅメはアジングで夜はメバリング

4月から5月の釣り物といえば、ライトゲーム目線では春アジとシーズン終盤のメバルだ。この二魚種、一日のうちに獲ってしまいたいと思う日もある。特に釣行可能な回数が限られてくると、春アジも見たいし、メバルも見たいと欲が出る。策を練れば二刀流も可能だ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

春のアジ・メバル二刀流可能?

「春アジとメバル、同日釣行で獲れる?」

答えは、YESだ。

春のライトゲームターゲット、この二魚種は、条件によっては同じ場所でも、二兎しとめられる。時間を見て移動して、タックルを持ちかえれば、かなり高い確率でものにできる。

難しいのは春アジ

4月から5月のライトゲーム対象魚で、難しいのは春アジである。地域によっては、そもそもショアに接岸しないこともある。筆者もいくつか大阪湾近郊で春アジの回遊ルートを知っているが、年によっては、去年は豊漁だったのが、今年は一切皆無ということもある。

春アジが出るか出ないかは、その年の運みたいなものもある。しかし、運よく群れにミートすることができれば、そのあとにメバルを追釣してしまうことは、まったく難しくない。

夕マヅメにアジ、夜にメバル

春のアジとメバルは、「時間で釣り分ける」という意識を持とう。そうすれば簡単だ。

夕マヅメにアジを釣る

春アジは一般に「産卵前の荒食い」と言われるパターンで、時合いの一発勝負である。あまり夜の遅くまで長いことプランクトンパターンで釣れ続けることはない(本当のことをいえば場所によってはあるけれど)。また春アジは居着きではなく回遊型の、セグロといわれる個体が多い。背の体色が黒っぽいからセグロだ。口の中も黒っぽいという特徴を持つ。

春のリアル二刀流ライトゲーム術 夕マヅメはアジングで夜はメバリング回遊型アジの背は黒っぽい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

このセグロが回ってくるのが、ほとんど夕マヅメのワンチャンスなのだ。常夜灯が効いていれば多少の夜まで残ることもあるが、上げ潮で入ってきて、暗くなる前に捕食を終える。

暗くなってからメバルを釣る

メバルは夜の釣り物である。しっかりと海が暗くなるのを待つのも大事だ。春は、結構日が長い。夜19時くらいまで、残照が海を照らしている。こういう宵の口の時間は、メバルは意外に反応しにくい。夜闇が海面を黒く染め、投げたワームやプラグが視認できなくなったような状況から、食いが立ってくる。

春のリアル二刀流ライトゲーム術 夕マヅメはアジングで夜はメバリングメバルは暗くなってから(提供:TSURINEWSライター井上海生)

――このように、夕マヅメに春アジ、夜にメバルと時間で釣り分ける意識を持つと、春のこの時期は二刀流しやすい。しかも春アジはくれば型が良い。ハマれば面白いシーズンだ。

次のページで難しい春アジの探し方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。