シャクリマダイ釣行:伝統的な手バネで大物と対峙【千葉県・とう市丸】

内房の上総湊は、竹岡港と並び、古くから活エビを使うシャクリマダイが盛ん。リールや竿が高性能化していく時代に、昔と変わらぬシンプルな手バネで大ダイと渡り合うのは興奮必至。この釣りひと筋という釣り人も多い。8月4日(土)、内房上総湊のとう市丸から乗船取材した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

小型ながらも満足な引き

6日には佐藤さんが2kgと3kgを上げた

8時すぎ、鴨居~久里浜沖に移動。同様に15ヒロを中心に18ヒロくらいまでを探る。周囲には僚船が集結。きびしい暑さのなか、本命目指してシャクり続けた。

14時に沖上がり。

さて結果は?

結果は最大1kg2~3尾。掛けてもバレるケースが多く、前日までに比べてやや不調ではあったが、小型ながらも浅場で三段引きの強引を味わえたようだ。

連日のように2~3kg級が上がっているので、今後も期待できそう。

取材翌日には葛飾区の岡安俊幸さんが3.6kg、6日は川崎市の佐藤貴志さんが2kgと3kgをそれぞれ手にした。

まだまだチャンスは十分だ。

<週刊つりニュース関東版 坂本康年/TSURINEWS編>

▼この船について
とう市丸
エリア:南房エリア
出船港:上総湊港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年8月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。