磯フカセ釣りで40cmクロ手中 1日通してアタリは3回でも釣行堪能

磯フカセ釣りで40cmクロ手中 1日通してアタリは3回でも釣行堪能

3月20日に、大分県の蒲江は三つ子にクロ狙いのフカセ釣りに出かけた筆者。1日通してアタリはたった3回のみという状況の中、価値ある40cmの本命クロをキャッチした模様をレポートします。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

海釣り 磯釣り

蒲江へ磯フカセ釣りに

3月20日に、蒲江は三つ子にフカセ釣りに行きました。船は元猿港から出る、ヤマト丸さんです。5時出船で船長さんが降ろしてくれた磯は、ジャマクラ瀬です。

ここは横に長く広い磯で、今回は5人の釣り仲間と一緒です。ジャマクラ瀬は広いのですが、所々に沈み岩が見えるので、釣り座を構えるのは、取り込みなどを考えてとなります。

磯フカセ釣りで40cmクロ手中 1日通してアタリは3回でも釣行堪能磯の風景(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

当日のタックルとエサ

当日のまきエサは、オキアミ3角に集魚材のグレナビを3袋用意しました。がま磯マスターモデル2口太MHのサオに、ウキはスーパーエキスパートUEの0cを使用します。ゆっくり沈めながら、本命のクロの口元にさしエサを届けたいと思います。

磯フカセ釣りで40cmクロ手中 1日通してアタリは3回でも釣行堪能使用した集魚材とウキ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

2投目でヒットも

私は海に向かって一番左端に入りました。潮は、すぐ目の前のスズキバエとの水道をゆっくり右側に流れていっています。私は正面左から仕掛けを投げ込み、手前に寄ってくる潮を選びました。ラインを巻き取りなからアタリを待ちます。

すると、2投目でラインが弾かれます。しかし……一瞬でフッと軽くなります。残念ながらハリ外れです。魚の存在を確信するも、その後は沈黙の海です。

同行者に43cmクロ

しばらくして、自分とは反対側の皆の様子を見に行きます。すると、広瀬さんが軽快にサオ曲げを披露してくれました。サイズは小ぶりながらも本命のクロです♪話を聞くと、ついさっき念願の43cmのクロを釣り上げたとのこと。クーラーからそっと取り出してくれたのは、立派なクロでした。エサ取りと格闘しながらも、際を攻めての好釣果でした。さすがですね。

磯フカセ釣りで40cmクロ手中 1日通してアタリは3回でも釣行堪能広瀬さんと43cm(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

お隣では角田さんが、美味しそうな丸々としたカワハギをGETしていました。皆さん、工夫をこらして、お土産の魚を釣っていました。

磯フカセ釣りで40cmクロ手中 1日通してアタリは3回でも釣行堪能角田さんと良型カワハギ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

筆者にも念願の良型クロ

私も自分の釣り座に戻り、辛抱の釣りを続けます。潮の流れがかわることがありません。潮の速度が速くなったり、緩くなったり。仕掛けの直結部分にG5のガン玉を付けてみました。先ほどより少し深く、そしてゆっくり仕掛けを馴染ませてます。

すると、ラインが目視でバッチリ確認できるほど、すごい勢いで弾き出されました。「やっときた!」サオの弾力を生かして、魚との距離を縮めます。やっとの思いで手前まで寄せて、クロの姿を確認。

浮かせたいところですが、手前の沈め瀬目がけて走るクロ、慎重に誘導です。よっしっ、タモ入れだっ!タモにおさまったのは、良型の40cmのクロでした。厳しい中で得たクロは愛しいですね~。

磯フカセ釣りで40cmクロ手中 1日通してアタリは3回でも釣行堪能本命40cmと著者(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。