乗っ込みマダイ狙いのタイラバ釣行で本命6匹 「中層まで巻く」が的中

乗っ込みマダイ狙いのタイラバ釣行で本命6匹 「中層まで巻く」が的中

ここ数日、釣果の上がってきた三重県鳥羽湾周辺の乗っ込みマダイ。3月31日、鳥羽市にある小浜港出船の丸安丸にこれを狙って乗船した。中層まで巻き続けたのが功を奏したのか、マダイ6匹にマゴチの釣果を得た当日の釣りをリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・出口和弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

丸安丸でタイラバ釣行

当日の同船者は、釣れない期間も足しげく通い続け9日に70cmのマダイを仕留めた常連の井谷さん。そして、フィッシング遊の釣りアドバイザー加藤さんの2人。同船の常連や入門者は、釣具の購入や釣法の手ほどき、リーダーの結節などメカやメンテで必ずお世話になる心強い味方だ。

走ること20分ほどで答志島東のポイントに到着。タイラバのユニットは、ここでの基本カラーのオレンジ、赤色のストレートネクタイに、タングステンヘッド80gの組み合わせで開始した。

落下スピードの速さと巻き抵抗の少なさに優れるタングステンシンカーは快適で、今では手放せなくなっている。

60cm頭にマダイ続々

胴の間からパラシュートアンカーが入れられ、左舷ドテラ流しでスタート。第1投目からミヨシの井谷さんに、サオ先を明確にたたくアタリが来た。同氏はこれを逃さずに掛け、50cmの綺麗なマダイを取り込んだ。

続いて胴の間の私も、幸先良く47cmの美形マダイを取り込んだ。ユニットは赤黒のストレートネクタイ、底から5mほど上でのヒットだった。

この場所には水深30~50mラインの上に漁網ブイが設置されている。ここでの流しでは、これにタイラバを引っ掛けないよう注意して行うのだが、この付近ではマダイがよくアタった。

乗っ込みマダイ狙いのタイラバ釣行で本命6匹 「中層まで巻く」が的中当日最長寸60cmオーバー(提供:週刊つりニュース西部版APC・出口和弘)

再び井谷さんに強烈なアタリがあり、大物が掛かった。井谷さんは慎重に時間を掛けてやり取りし、この日最長寸の60cm超のマダイをゲットした。

当たりカラーを真似て美形ゲット

私は井谷さんの当たりカラーを真似て、ネクタイをストレートのオレンジに変更。底から7m上で、大物を予感させる良い引きの獲物が掛かった。こうして、52cmの美形マダイを確保した。

乗っ込みマダイ狙いのタイラバ釣行で本命6匹 「中層まで巻く」が的中52cm美形マダイ手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・出口和弘)

さらに、スピニングタックルを使ってキャストしていた加藤さんにもアタリ。取り込んだのは大きなホウボウだった。

途中からサオを出した船長と合わせ、私はマダイのお土産を9匹確保したが、バラシも多かった。

次のページで80cmワラサも登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。