堤防メバル釣りで24cm頭に5匹 朝マヅメの時合いにカサゴ交え連発

堤防メバル釣りで24cm頭に5匹 朝マヅメの時合いにカサゴ交え連発

3月25日、メバルとクロダイを狙った二刀流で、愛知県・南知多町の豊浜新堤に出かけた。フカセ釣りのクロダイは不発に終わったが、夜明けの時合いを狙ったメバル釣りでは良型にカサゴもキャッチできたので、その模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・中村輝夫)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

豊浜新堤でメバル&クロダイ釣り

今のところ強運続きで休みは南知多町でサオが出せるほどのメバル日和が続いている。何十年メバル釣りをしているが、「休み=強風が付き物」という運のなさの悪天候の男だった。それなのに、2月3月にサオが出せていることに驚いている。

このごろ、なんとなく朝の冷え込みが落ち着いてきた。それは指先のかじかみがなくなってきたことからも分かる。こうなるとモエビがつかみやすくなり、その分手返しが早くなる。短い時合いの豊浜新堤だが、数が伸ばせるかもしれない。

3月25日も二刀流で愛知県・南知多町の豊浜新堤に出かけた。午前4時前に自宅を出発、35分で駐車場に到着した。

まずはメバル狙い

メバルタックルを持っていつものポイントへ向かう。新堤を見渡すと、角に1人、中央部分に3人。西側には2~3人の姿がうっすら見える。いつも入る場所は空いていたので、今回もここに釣り座を構えて11mの長ザオを出した。

堤防メバル釣りで24cm頭に5匹 朝マヅメの時合いにカサゴ交え連発ポイント図(作図:週刊つりニュース中部版APC・中村輝夫)

モエビを付け、いつものように沖めに向けて振り込む。いつもだが、午前5時を過ぎたころからポツリポツリとアタリが出だすように思える。

今は午前4時40分すぎ。やはりアタリも出ない。もちろん先釣者のサオも曲がっていないようだ。

堤防メバル釣りで24cm頭に5匹 朝マヅメの時合いにカサゴ交え連発サオ掛けをつける(提供:週刊つりニュース中部版APC・中村輝夫)

最初のアタリはカサゴ

そして午前5時すぎ、時合いは突然くるので穂先に付けたぎょぎょライトに集中して反応を待っていると、そのときがきたようだ。左の先釣者のサオが曲がる。クンクンと小気味いい曲がりだ。

やり取りを見ていると私のサオがキューンとしなった。突然のアタリに先手を取られたが、抵抗が強いような弱いような…。

何だろうとゆっくりサオを立てると、なんと上がってきたのは小カサゴ3匹。3連はめったにないことだ。今日は調子がいいのかもしれない。

堤防メバル釣りで24cm頭に5匹 朝マヅメの時合いにカサゴ交え連発穂先を見つめる(提供:週刊つりニュース中部版APC・中村輝夫)

素早くモエビを付けて投入。オモリが着底後、すぐにサオ先が揺れたので持ち込むまで待ってから立てると、なんと再び3点掛け。連続の3点掛けはうれしいが、うれしさは半減。やはり本命のメバルが欲しい。

東の空が赤みがかると終了するほど時合いが短い豊浜新堤なだけに、一体いつになればおいしい煮付けサイズに会えるだろうと気が焦る。

次のページでは時合い突入でメバル連発

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。