海南波止のチヌフカセ釣り 乗っ込みの腹パン交じりで本命10匹手中

海南波止のチヌフカセ釣り 乗っ込みの腹パン交じりで本命10匹手中

3月27日、手軽に楽しめる和歌山の海南の波止でチヌフカセ釣りを楽しんだ。乗っ込みの腹パン交じりに本命10匹手中となった当日の釣りをリポートする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

秦厚治朗

チヌ フカセ釣りをメインに紀州釣り、落とし込み釣り、時々グレ釣りで大阪湾から紀伊半島を中心に年間80回程 釣行しております。宜しくお願い致します!永釣同志会・代表。ヒロキュー・フィールドモニター。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

波止でチヌフカセ釣り

3月27日 日曜日、磯チヌフカセ釣りに行きたかったが前日の土曜日は大荒れの天気で、明けて日曜日も天候不安定で強風予報だったので、安全を考慮して和歌山県海南市の波止チヌフカセ釣りに向かった。

当日潮回りは長潮で、タイドグラフ上は潮位に変化もなくテンションも余りあがらないので、ゆっくり出発。まずは途中のエサ店でまきエサの準備をした。

当日のエサとタックル

生オキアミ3kgにアミエビ1kg、底攻めズドン!2袋を粘りが出るまで混ぜ合わせた。さしエサは生オキアミLサイズとコーンを用意して、和歌山海南市波止に到着したのは午前9時過ぎ。直ぐ仕掛けを準備した。

海南波止のチヌフカセ釣り 乗っ込みの腹パン交じりで本命10匹手中使用した配合材(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

タックルは、サオがエリネス1号5m、リールがデスピナ2500番、ミチイトはセミフロート1.75号、ハリスがLハード1.5号2ヒロにチヌバリ2号、ウキはボクシー5Bを浮力シブシブに浮かせて設定した。

1投目からキレイなチヌ登場

まきエサを20杯先打ちして、釣りスタート。ウキの余浮力を見るつもりでコーンを刺して普通に流していた第1投、いきなりウキが綺麗に入った!そして、顔を見せてくれたのは銀ピカの綺麗な魚体のチヌだった!

第1投であっさりウキ入れしてボウズは免れたし、幸先が良すぎるのでテンションも上がったが、流石に後が続かず沈黙の時間が続く。タナを微妙に上下したりガン玉を加えて沈め気味にしたりするが、中々チヌからのシグナルがない。単純に1投で釣れたのは釣り座前に偶然居た魚かな?とか考えながら仕掛けを打ち返す。

次のページで回遊待ちで追釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。