渓流エサ釣りで26cm頭にアマゴ46匹 解禁当日らしい連発を堪能

渓流エサ釣りで26cm頭にアマゴ46匹 解禁当日らしい連発を堪能

3月27日、三重県津市の雲出川上流坂本川へ渓流解禁釣行。夜明けから入れ食いを楽しみ、10時半にはイクラが切れたため十分満足して納竿。17~26cmの放流物を46匹の釣果を得た釣りの模様をリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・川鴉・石橋英之)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

坂本川でアマゴ釣り

3月27日、昨年に続き三重県津市の雲出川上流坂本川の解禁に行ってきた。

前日の昼すぎに車を走らせ、魚末あまごセンターで年券を購入し、先行している松井君、中里君と合流。この日は低気圧の影響で風雨が強く、タープテントが大活躍。夕方からは釣りよりこちらが本命と、宴会が始まった。

アマゴからアユと釣り談義が弾みいつもよりお酒が進んで、早めの9時すぎに就寝のために車に戻った。時折上流へ走る車の音で目が覚め、解禁前はよく眠れないのもいつものこと。

渓流エサ釣りで26cm頭にアマゴ46匹 解禁当日らしい連発を堪能タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・川鴉・石橋英之)

午前4時半に起きて準備を済ませ、川に下りる。6時前にカーブに入ってスタート。前日の雨も小降りになり、気温は12度と高め。水位は10cm高で最高の釣り日和だ。

渓流エサ釣りで26cm頭にアマゴ46匹 解禁当日らしい連発を堪能朝イチに入ったポイント(提供:週刊つりニュース中部版APC・川鴉・石橋英之)

まずは目立つブドウムシで、淵尻のカケアガリを狙って第1投。エサをつつく反応はあるが、ハリ掛かりまではいかない。だが魚の反応は良さそうだ。

夜明けと同時に連発

数投目、サオ先に出るアタリをアワせると、バッチリハリに乗った。頭を振る独特の引きを楽しんでタモに収めたのは、19cmほどの小型だが朱点のきれいな放流アマゴだった。

渓流エサ釣りで26cm頭にアマゴ46匹 解禁当日らしい連発を堪能明るくなるにつれ食いが活発に(提供:週刊つりニュース中部版APC・川鴉・石橋英之)

次も同じサイズが続く。今度は上流の流れ出しを狙うと、目印が止まるアタリ。アワせると今までと違う重量感のある引きが伝わる。慎重にやり取りすると25cmの良型だ。この川は16~25cmまで、いろんなサイズが放流されている。

渓流エサ釣りで26cm頭にアマゴ46匹 解禁当日らしい連発を堪能流れ出しでも連発(提供:週刊つりニュース中部版APC・川鴉・石橋英之)

この流れ出しをイクラで狙い、同型を追加。明るくなって食いも良くなってきた。下流の淵尻で小型が入れ食い状態に突入。その後はパターンをつかみ、仕掛けをなじませて狙ったポイントまで流し、目印にアタリが出る前にアワせて入れ掛かかりだ。

最大26cm&天然魚も登場

7時半まで楽しんで、同行の松井君が早上がりとのことで、8時にテント場に集合する。朝合流したわさんも一緒に、松井君が炊いてくれた御飯と前日仕込んだカレーで早めの食事。皆も朝から入れ食いだったようだ。

お腹も膨れたところで再開。朝一番に入ったポイントの一段下の瀬を狙うと、目印が上流に走るアタリ。アワせると一気に下流に走る。サオを絞って取り込んだのは、この日の最大26cmだ。このポイントでは3匹だったが、良型ばかりに満足。

渓流エサ釣りで26cm頭にアマゴ46匹 解禁当日らしい連発を堪能小型だが天然魚も交じった(提供:週刊つりニュース中部版APC・川鴉・石橋英之)

もう一度最初のポイントに戻り、底をはわせるイメージで流すと天然特有の金属的なアタリで13cmのリリースサイズ。次も同サイズだ。放流物が釣れた後に天然物が続く感じなので、下流に移動した。

次のページでアタリ止まず爆釣続く!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。