キンギョ釣り堀で本命206尾 「浮いているサカナは狙わない」が鉄則?

キンギョ釣り堀で本命206尾 「浮いているサカナは狙わない」が鉄則?

3月30日(水)、埼玉県川口市にある中の島センターへ、2日前の激釣が忘れられずに激釣願望な釣行である。今回も短時間200尾達成できた激釣釣行をレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

「激釣」狙い中の島センターへ

同地は住宅街にぽつんと構えるキンギョ、コイ、ヘラブナ釣りが楽しめるつり堀だ。マイタックル、エサの持参もOKであるが、レンタルタックルもあるのでもちろん手ぶらでも釣りが可能である。

キンギョ釣り堀で本命206尾 「浮いているサカナは狙わない」が鉄則?中の島センター(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

目立つ特徴としては昭和チックな建物で懐かしさを感じつつも、釣り終了時にはスタッフが釣れた数を1尾1尾検量してくれ、点数を付与してくれることだろう。点数に応じて景品交換や釣行時間割引できる点がお客にはとても嬉しいサービスである。

キンギョ釣り堀で本命206尾 「浮いているサカナは狙わない」が鉄則?受付上に掲示されている同店規則(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

※現在お店の『室内つり堀(キンギョ・コイ)開店時間は平日・休日で異なり、料金的には大人1時間800円(子供1時間600円)となっている。レンタルの場合は竿代が100円、エサ持込みナシの場合はエサ代50円別途かかる。休日に関しては毎週火曜日(火曜日祝日の場合は翌日)と第4水曜日なっているので釣行の際は確認しよう。

入店から釣り開始まで

9時50分に現地到着して受付の際に、店主へ室内キンギョつり堀と、マイタックル持参で釣ることを伝え、釣り時間は3時間コース、粉末エサを1つ購入し合計2200円を支払い釣行準備。

周囲を見渡すと朝イチから来ていると思われる常連の方々のみである。寄せる釣りだし連日の好調状況を考えるとどこでも釣れるはずなので前回と同じ場所に釣座を確保した。

タックル

竿は6尺の万能小物竿に自作仕掛けを使用。エサはお店の練り餌を使用した。前回のエサはお店の完成エサを使用したので2度おかわりしたが、今回は量の多い粉末エサを購入してその場で作り使用した。

キンギョ釣り堀で本命206尾 「浮いているサカナは狙わない」が鉄則?マイタックルで数釣り勝負(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

釣座には竿掛けにフラシや固定イスもあるのでとても使いやすい。

開始早々爆釣スタート

準備を済ませて釣り開始するが、確かに反応も良く好スタートで30分で35尾と気分も最高だ。

キンギョ釣り堀で本命206尾 「浮いているサカナは狙わない」が鉄則?激釣最中のフラシ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

相変わらずアタリは途切れずに反応も良い感じであるが、時間の経過とともに状況は変化してきているようだ。それでも開始1時間で72尾と楽しすぎる釣りである。

常連の方々は朝イチから来ているようで11時過ぎに納竿していくが、釣果は133尾、105尾と検量した店主の声が聞こえた。

まずは束釣りを目指し手返し速度を上げていくと開始1時間20分で100尾達成となりこれで3時間で200尾目標はほぼ確実に射程圏内となった。

次のページで200尾達成で景品大量獲得!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。