波止の投げサビキ釣りでアジが入れ食い ライトゲームではカマスも登場

波止の投げサビキ釣りでアジが入れ食い ライトゲームではカマスも登場

三重県・大紀町の錦漁港に遠投サビキで釣行してきた。当日は夕方からの短時間釣行だったが、狙っていたメインターゲットのアジは入れ食い、良型カマスも釣れてとても楽しめた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

錦漁港の波止で遠投サビキ

各地で桜が開花し始めて暖かな日差しの3月24日、三重県・大紀町の錦漁港に釣友の川中さんと夕方から釣行した。事前情報でアジと良型のカマスが好調とのこと。

午後4時すぎに到着。漁港の釣り場は、アジ狙いの釣り人でにぎわっていた。釣り人を見ていると、すぐにアジがヒットして入れ食い状態のようだ。さらに良型のサバも釣れている。

見ているとアジのポイントは水深のある沖合いで、皆さん投げサビキで遠投して釣っている。まずは空いているポイントを探して、おっちゃんに「隣いいですか」と声をかけると、快く「いいですよ、どうぞ」言ってくれたので、お隣で釣ることにした。

私たちも早速仕掛けを用意。アジのポイントが沖で少し遠いので、遠投できるタックルをチョイスした。仕掛けはうきまろ遠投サビキ、まきエサはアミエビだ。

波止の投げサビキ釣りでアジが入れ食い ライトゲームではカマスも登場遠投サビキ仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

タナが合えばアジ入れ食い

1投目、沖に仕掛けを投げ入れ、カゴからアミエビが出るようにひと振りして待つが、アタリがなく回収。アジが寄ってくるまで辛抱か……。

そして2投目もアタリなし。仕掛けのタナが合っていないか。数mしか離れていない隣のおっちゃんは入れ食い中。おっちゃんにウキ止めの位置を聞くと、どうやらもう少し深いラインにアジがいるようだ。

ウキ止めの位置を1ヒロ深くして再開すると、すぐにウキがピョコピョコと沈んでアタリ。引きが強く、いきなりのダブルヒットだ。コノシロと20cmほどのアジだった。

次は川中さんの番とサオを渡す。川中さんも遠投サビキでアジを入れ食いさせており、とても楽しそうだ。サビキ釣りは川中さんに任せて、私はアジングをやってみることにした。

波止の投げサビキ釣りでアジが入れ食い ライトゲームではカマスも登場遠投サビキでアジを入れ食い(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

ジグヘッドに良型カマスヒット

アジがいるポイントが遠く軽いジグヘッドでは届かないので、0.5号のゴム張り式のオモリをジグヘッドの少し上に付け、スプリットショットでアジのポイントまで投げて、底までワームを沈めてゆっくりとリールを巻くと、数投目にコンコンッとヒット。だがアジにしてはよく引く。アジだったら尺超えかもと、期待してリールを巻く。

釣れてきたのは良型のカマスだ。もう1つのメインターゲットが釣れ、川中さんはあぶりが食べられると大喜び。さらにアジもヒットしてフィーバー状態だ。

波止の投げサビキ釣りでアジが入れ食い ライトゲームではカマスも登場ジグヘッドに良型カマスもヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。