ボートでのルアーマゴチ釣り入門 【代表的ワームと選び方を解説】

ボートでのルアーマゴチ釣り入門 【代表的ワームと選び方を解説】

ボートマゴチ攻略に重要なワーム選択。ワームの種類やサイズ、カラーの選び方はしっかりと抑えておきたい。そこで今回はボートマゴチ用ワームの選び方について解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ボートマゴチゲーム

ボートマゴチとは、ガイド船やレンタルボートからマゴチを狙う釣りのこと。マゴチは頭を振る独特な引き味でアングラーを魅了する人気ターゲットだ。近年ではエサ釣りと同船して楽しめる船宿も増えている。これからますます盛り上がる釣りものといって間違いない。

ワームが基本

ボートマゴチではワームを使用したリグが基本となる。マゴチを狙えるワームにはさまざまな種類がある。さまざまあるワームをローテーションして状況にあったワームを見つけ出すとより釣果を伸ばせる。まずは基本的な形状のワームを用意してボートからのマゴチ釣りを楽しんでみよう。

ボートマゴチ用ワームの基本的な種類

基本のワームの種類を紹介しよう。

シャッド系ワーム

シャッドテールは小魚に似せた形状のワーム。ボートマゴチではシャッドテールが最も基本となる種類だ。水流を受けるとヒラヒラとテールが動き、マゴチに強くアピールできる。ただ巻きからリフト&フォールまで幅広いアクションに対応できる。

ボートでのルアーマゴチ釣り入門 【代表的ワームと選び方を解説】シャッド系(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

ダート系ワーム

ロッド操作で左右にキビキビと動くダートアクションに対応するダート系ワーム。ワインド系ワームとも呼ばれるので覚えておこう。近年ではシャッド系ワームに次いで定番となっている印象だ。ダートさせた直後のフォール中にバイトが出やすい。

クロー系ワーム

クロー系はカニやエビを模した形状のワーム。シャッド系ワームやダート系ワームに反応がないときに効果がある場合が多い。クロー系ワームはジグヘッドはもちろん、テキサスリグやフリーリグとの相性も抜群に良い。

ボートでのルアーマゴチ釣り入門 【代表的ワームと選び方を解説】クロー系(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

グラブ系ワーム

グラブ系ワームは太めのボディにカールしたテールがついた形状だ。テールがナチュラルに動き、マゴチに対して強すぎないアピールができる。アピールが強いシャッド系ワームに反応がない場面ではグラブ系ワームを試してみよう。

ボートでのルアーマゴチ釣り入門 【代表的ワームと選び方を解説】グラブ系(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページでサイズ&カラーも重要!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。