夜のバチ抜けシーバスゲームで60cm級頭に本命2匹 表層でヒット

夜のバチ抜けシーバスゲームで60cm級頭に本命2匹 表層でヒット

3月16日、三河湾の愛知県半田市にある半田港へバチ抜けシーバスを楽しみに出かけた。この日は3時間程度の釣りで、バチ抜けらしく表層を意識した2匹のシーバスをキャッチできたので、その模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高木孝)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

バチ抜けパターンのシーバス釣り

春の訪れを感じるころに毎年楽しみにしているバチ抜けシーバス。今年もこの釣りを楽しもうと考え、暖かい日が続いて桜のつぼみが膨らみ始めた3月16日に、三河湾の愛知県半田市にある半田港へ向かった。

日没後のナイトゲームで狙うバチ抜けシーバスは、バチと呼ばれるゴカイ類を表層で捕食するシーバスを狙うため、表層をゆっくりリトリーブできる細身のルアーに実績がある。

この日は7.5~13.5cmまでの各サイズを準備。リトリーブスピードの変化で各レンジを探ろうと考えて、最初のルアーは9.5cmのベイルーフマニックをキャストして、表層直下を広範囲に探ることにした。

夜のバチ抜けシーバスゲームで60cm級頭に本命2匹 表層でヒット当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・高木孝)

表層狙いまずは30cm級

この日の満潮は午後5時ということで、下げ潮が効き始める午後6時からキャストを開始すると、潮目周辺でシーバスがバチを捕食した際に発生するライズリングが確認できた。

ライズリングの5m沖にキャストし、流れるバチをイメージしながら表層で引き波が立つくらいのスローリトリーブで誘うと、ツンと小さなアタリとともにロッドが曲がった。

久しぶりのシーバスの引きを楽しみながらキャッチしたのは、30cmクラスのかわいいシーバス。それでもボウズは逃れたと前向きに考えて、サイズアップに期待して釣りを再開した。

夜のバチ抜けシーバスゲームで60cm級頭に本命2匹 表層でヒット1匹目は30cmクラスのセイゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高木孝)

アタるがヒットせず……

散発するライズリングに連続ヒットに期待したのだが、リトリーブスピード、ルアーのサイズが合っていないのか、アタリはあるが、ヒットさせることはできない。そのうち時合いは終了してしまったようで、ライズリングが消えてしまった。

そのまま続けていれば回遊のタイミングがあるとも感じたが、サイズアップに期待してポイントを移動することにした。

次のページで納得の60cm級登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。