波止でのルアーカマス釣りで本命5尾 バイブレーションにヒット

波止でのルアーカマス釣りで本命5尾 バイブレーションにヒット

大分県津久見市に陸っぱりルアーカマス釣りに出かけた。当日は常連さんの情報通り、テンポよく釣れてアカカマス25~28cm5尾の釣果となった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

津久見港でルアーカマス釣り

3月16日、大潮。大分県津久見市にカマスゲームに行った。

午前5時50分に津久見港到着。平日でも釣り人が10人ほど。満潮の7時30分ごろまで釣る予定。

空いている場所に入り、隣の人にあいさつして準備。周りはすでにカマスをかなり釣っていて、常連の情報では最近は日がでるまでがチャンスとのこと。以前は同じポイントで日がでてからがよく釣れたので、時間調整してきたのだが…。

波止でのルアーカマス釣りで本命5尾 バイブレーションにヒット当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

1投目から25cmカマス登場

1投目。着底後、バイブレーションの振動を確かめながら、ゆっくりと巻く。すると、数メートルも巻かないうちに、ガツ…ガツ…と断続的にルアーをかじるようなアタリからガツーンとヒット。上がってきたのは25cm級のアカカマスだ。

バイブレーションで狙うカマスゲームは、テンヤで狙う船タチウオと似ていると思う。どちらもゆっくりリールを巻いていくと、ガツ…ガツ…とアタリがあり、ヒットするまでドキドキさせてくれる。そして、ガツーンとヒットしたときは気分を爽快にさせてくれる。

波止でのルアーカマス釣りで本命5尾 バイブレーションにヒットカマスを披露する筆者(提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

当日の釣果

年末とは違い、釣れるテンポが良いのがうれしい。2投目もガツ…ガツーンとヒット。中層から下層にかけて大きな群れがあるようだ。その後も連続ヒットしたが、明るくなると反応がない。常連の情報通りだった。

その後、1時間ほど粘ったが、家族で食べるのには十分確保したので、7時30分に納竿。釣果はアカカマス25~28cm5尾であった。

最後に漁港や港は足場が良いところが多いが、安全のためにライフジャケットを着用しよう。

波止でのルアーカマス釣りで本命5尾 バイブレーションにヒット当日の釣り場略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

<週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
津久見港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年4月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。