タイラバ&ジギングのリレー釣行で63cmマダイにヒラマサを好捕

タイラバ&ジギングのリレー釣行で63cmマダイにヒラマサを好捕

3月上旬、マダイが上がっていると聞いて、加布里漁港から達喜丸で釣行。タイラバとジギングで、お目当ての魚たちとファイトを楽しんできました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

達喜丸でタイラバ釣行

3月9日、福岡県糸島市の加布里漁港から達喜丸で午前6時に出港。ここ数日でマダイが上がっていると聞き、急きょ参戦です。

一気に沖まで船を走らせて7時45分から開始。まずはタイラバからです。釣り場は水深約90mのところで、タングステン100gを使用しました。

良い感じにラインが斜めになって、魚が掛かってもよさそうなのに、なかなかアタりません。オレンジ色が釣れていると聞いたので、カーリーのネクタイのみでやってみましたが、なかなか渋いようです。しばらくして同船の方がお刺し身サイズのマダイをゲット。期待が高まります。

それから少しして私にもわずかなアタリがあり、かわいらしいアオナが上がりました。ボウズ回避です(笑)。

マダイ63cm浮上

いやいや、それではいけません、マダイを釣りにきたのです!船長が「マダイは午前中勝負よ」とプレッシャーをかけてきて、少し焦るも、ただひたすらにやるのみ。

マダイを諦めかけていた11時すぎ、着底から5巻きくらいで、確実なマダイのアタリ。バラさないように慎重に巻き、上がってきたのは大ダイ!やりました(帰って測ったら63cmでした)。

タイラバ&ジギングのリレー釣行で63cmマダイにヒラマサを好捕上がってきたのは大ダイ63cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実)

ジギングでヒラマサGET

お目当ての魚が釣れたので次はジギングへ。ヒラマサ狙いなので、ジグはCBマサムネの150gをセット。

ブリの時とは違い、ジグがしっかり動くように、早めのシャクリをしました。頑張ってシャクり続けたら、かわいいサイズのヤズ。そして、納竿間際に本命のヒラマサが来ました。

狙いの魚をゲットできて大満足な釣行でした。

タイラバ&ジギングのリレー釣行で63cmマダイにヒラマサを好捕納竿間際に本命ヒラマサゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実)

当日のタックルデータ

タイラバ    ロッド=紅牙69XHB、リール=炎月CT150PG

ジギング ロッド= SSD S604、リール=クロシオ43PGX、PEライン= JIGMAN×8の 3号、リーダー=フロロカーボンライン50lb

タイラバ&ジギングのリレー釣行で63cmマダイにヒラマサを好捕船中釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実)

<週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
達喜丸
乗船場所:加布里漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年4月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。