芦ノ湖のボートフライフィッシング 解禁から3月中旬までの釣況を紹介

芦ノ湖のボートフライフィッシング 解禁から3月中旬までの釣況を紹介

解禁から約1カ月経過した神奈川県・芦ノ湖トラウトフィッシング。今回は状況を交え解禁直後から13日までの私の釣行とその釣果を紹介したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

ボートは苦戦の傾向

特別解禁日は満水比1m以上の減水だったが、3月13日にはさらに10cmほど水位が下がり、水温は6.5度と低いため、魚の動きが例年とは異なり釣り場も違っている。

減水のため湖周辺の動きは楽になるので、陸っぱり派は例年入釣できない場所で釣りが可能になった一方で、ボートでは狙いが絞りにくい。例年であれば陸っぱりアングラーが入れない場所にも釣り人がいるため苦戦が続いている。

芦ノ湖のボートフライフィッシング 解禁から3月中旬までの釣況を紹介ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

私は3月1日(火)の特別解禁日に70cm超え2尾含み50cmオーバー4尾と開幕ダッシュを切ったものの、その後は苦戦が続いた。

54cm超えニジマスゲット

3月5日(土)は強風のため元箱根からは出艇できず、湖尻から釣友含む3人で湖尻湾を探った。釣友2人はボート店近くのシャロー(浅場)を攻め、私はハーリングで早川水門~神宮まで広く探るがアタリは多いものの食いが浅く、神宮のシャローをキャスティングで探ったが小型ニジマス1尾。

芦ノ湖のボートフライフィッシング 解禁から3月中旬までの釣況を紹介湖尻湾の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

午後からは、ボート店脇の水深2.5mから沖のカケアガリを斜めに狙うと13時すぎに後検54.5cmニジマスで、この日は30~54.5cm5尾。釣友2人は小型の数釣りを楽しんだ。

60cm超えも登場

翌日は、元箱根から出艇。白鳥ワンド奥を探ったが午前中はアタリ1回。15時すぎまでノーフィッシュ。オデコを覚悟した15時45分、にヒット。一気に走られ、ロープの下に潜られながらも、ロッドワークでいなして、58.5cmニジマスをネットイン。

芦ノ湖のボートフライフィッシング 解禁から3月中旬までの釣況を紹介元箱根湾の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

3月9日(水)も元白鳥ワンドを探り、朝に70cm級のチェイスを確認したが食わせきれず30cm以下のニジマスの猛攻。深場では40cm級バス2尾。ヘラブナも動き出したようで姿を確認した。この日は43cm頭にニジマス14尾。

12日(土)は、元箱根からの出艇。朝夕は白鳥ワンド、日中はハーリングで南岸トリカブトまで往復し、朝イチに40cm級ニジマスがヒットしたものの、その後アタリなし。8時15分に60cm超え同魚をあっさりランディング。

尾ビレがほとんど欠落していた。ハーリングでは、小型1尾のみ。

次のページでサツキ&サクラマスもヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。