磯フカセ釣りで40cm級クロに良型イサキ好捕 勘を信じた移動が的中

磯フカセ釣りで40cm級クロに良型イサキ好捕 勘を信じた移動が的中

ふかしま丸さんのお世話になり、磯で勉強会です。今回は、釣り番組や雑誌で大活躍の播磨聡さんがご一緒して下さいました。スターの存在に緊張しましたが、釣り場では面倒をよく見て下さり、的確なアドバイスを下さったりと、始終穏やかなムード♪そして、熟練された釣技を見ることができ、充実した時間となりました。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

海釣り 磯釣り

深島の磯でフカセ釣り勉強会

2月26日、ふかしま丸さんの4時便に飛び乗り、深島の磯、四畳半に上がりました。ここは以前、夏場に上がった時は良型のイサキがよく釣れ、クロも40オーバーが連チャンしたという、雰囲気バツグンの磯です。

まきエサとタックル

まずは、まきエサ作りから開始です。オキアミ1角にグレナビを1袋混ぜていきます。しっかり混ぜ合わせた後に、プレミアムレッドグレを3分の1ほど、包み込むような感じで合わせます。こちらを3セット用意しました。

サオは、がま磯マスターモデル2口太MHを手に取り、ウキはエキスパートグレVの0cを使用します。

良型イサキから登場

うっすらと夜が明けたころ、藤本さんのサオがグーンとしなります。正面から左に流れる潮を攻略ですね。流れの中で魚を掛けたので、力強く引きつけていきます。さてさて、魚の正体は?、35cmのイサキの登場です。

磯フカセ釣りで40cm級クロに良型イサキ好捕 勘を信じた移動が的中藤本さんにイサキ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

その後、流れに勢いが増してきたので、ガン玉を更に追加した藤本さん、またもアタリを捉えます!先ほどより重量感のある引き、海面から浮いてきたのは、40cmにサイズアップしたイサキです。お見事です♪見様見真似で、仕掛けを流し込んだ私には、可愛いベラ。笑っちゃいました。

熟練者の技を堪能

しかし、渋い……。この日の海は、足元にエサをまいても何も見えない。エサも残ったまんまの状態が多く、魚の気配がない。魚の食い気がないね?と播磨さん。魚のいるタナを探っています。次から次へと繰り出される引き出しの多さに驚きです。

安定ある仕掛けでドスンと落とし込んでいき、まきエサも一点集中。魚を呼び寄せる?そんな眼差しで見ていた私。すると、ガツンと播磨さんのサオが魚を捉えました。見るからに、良型を思わせる引き。落ち着いたやり取りで、スッとタモ入れされたのは、迫力満点の40cmオーバーの真っ黒なイサキです!その後も同サイズを追加。素晴らしい釣技に見惚れました。

磯フカセ釣りで40cm級クロに良型イサキ好捕 勘を信じた移動が的中播磨聡さんとイサキ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

瀬がわりでクロ狙い

四畳半での私、為になる勉強会で幸せいっぱい、美味しいお弁当でお腹いっぱい。そして、お昼前には船長さんの計らいで、屋形島のブダイバエに瀬がわりです。

とはいえ、そう簡単にはクロの顔は見られません。しかも横風が強い。それでもクロの顔見たさに粘る釣りです。

口火を切ったのは、やはり播磨さん。フッキングがバッチリのクロをGETです。そして、貴重なクロを連続ヒットさせていきます。潮の変化を見据えた、状況に合った釣りをされ、なんとかしてクロを捉えようという意気込みが伝わってきます。

磯フカセ釣りで40cm級クロに良型イサキ好捕 勘を信じた移動が的中播磨聡さんがクロを捉えた(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

複雑な2枚潮に加えて、ライン筋を取られてしまう強い風に大苦戦の私。そんな時、隣の藤本さんがエサを獲られたと呟いたのが、聞こえました。この状況で、仕掛けとまきエサを同調させるのは私には難しいかもしれない。

次のページではポイント移動し良型クロ浮上

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。