ウナギ釣行:暑さ吹き飛ぶ70cm本命のホットな釣果【愛知県・笹川】

7月半ばの2日間、うなぎ狙いで深夜に愛知県の筏川に釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

まずはエサの採取から

海の日の7月16日、丑三つ時に愛知県の筏川に釣行した。猛暑により川の水がよどんでいるのか腐っているのか。それでもモエビは採取でき、大型だけをキープした。

エビを採取しながら水面を見ていると、F1のようにヒューンヒューンと猛スピードで細長い生き物が泳いでいた。これをなんとか網で採取すると、どう見ても海にいるサヨリにしか見えない。

どう見てもサヨリだよな~。

淡水域にまで入ってきているとは。自然界では何かが起きているのか。とても不気味だ。

なぜかテナガエビは採取できなかったので、大型のモエビのシッポを切って尾掛けにした。

タックルと釣り方

タックル図

真夏に入ってからは、遠投よりも堤防のヘチを含めて近い場所でのアタリが多いため、今回も20mほどに仕掛けをドボン。5分待ってアタらなければ5mほどリールを巻く。これの繰り返しだ。

心がけがいいのか1投目からアタリがきた。サオ先の鈴が鳴り、巻き上げると40cm級の細いウナギ。すぐにリリースした。

午前2時すぎからアタリが連発。60cmはありそうな大型を先頭にナマズばかり5連発。

川魚料理店には喜ばれるかもしれないが全てリリースする。ちなみにナマズの鳴き声をご存じだろうか。

「ウーウー」と鳴くのだ。

次ページでいよいよ本命登場!?