人間に素手で掴まれたサカナに起こるコト 「火傷する」は嘘だった?

人間に素手で掴まれたサカナに起こるコト 「火傷する」は嘘だった?

釣り人なら一度は「サカナは人間が素手で直接触ってしまうとヤケドをする」という話を聞いたことはないでしょうか。この件について調べてみました。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

サカナがヤケドをする?

釣り人なら一度は聞いたことがあるであろう、「素手で触るとヤケドをする」という話。

釣りあげたサカナをリリースする際に当たり前のように触っている人もいると思います。この行為が、サカナの肌にとって強い負担になり、場合によってはヤケドを起こしたり、ひどい場合は死んでしまうこともあるといわれています。

しかし、一方ではサカナがヤケドするというのは眉唾で、そんなに簡単に弱って死んでしまうことはないという意見もあるようです。

一体どちらが本当なのでしょうか?

人とサカナの体温の違い

このサカナのヤケド問題において一番重要なのは、サカナの表面温度と人間の体温に大きな差があるということです。さらに、体温調節の方法が違うということです。

人間の体温は36℃前後で、体温調節については温度変化の少ない恒温動物です。一方でサカナは水温とほとんど同じになる変温動物の為、体温は20℃くらいであることが多く、冷たい水の中だと10℃程度まで下がることも珍しくありません。

人間に素手で掴まれたサカナに起こるコト 「火傷する」は嘘だった?サカナの体温は低い(提供:PhotoAC)

このように、人間とサカナの体温の間に10℃~20℃の温度差があることによって、サカナがヤケドをすると言われているのです。

確かに私たちも50℃のお風呂に入ればきっとヤケドをしますし、それ以上の温度に触れれば、肌には何かしらの炎症が起こりますよね。

サカナがヤケドをするという研究結果はない?

サカナが人間の体温でヤケドするという問題は、実は有力な研究結果があるわけではなく迷信や俗説だと考えられています。というのも、サカナとひとまとめに言っても様々な種類が存在し、種類に応じて特徴が大きく異なるからです。

例えばイワシはちょっとの刺激や水温の変化でショック死をしてしまいますし、反対に温泉の中で暮らすサカナだっています。また、人間の角質を食べてくれることで有名なドクターフィッシュは、人の足に触れてもヤケドをしているとは思えません。

全てのサカナが一律に人間の体温でヤケドをするわけではないのでしょう。

次のページでサカナにとってヤケド以上のリスクとは?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。