東京湾スーパーライトジギング(SLJ)でシーバスにタチウオ手中

東京湾スーパーライトジギング(SLJ)でシーバスにタチウオ手中

東京湾で大型タチウオをSLJ(スーパーライトジギング)で狙った。東京湾原木中山の林遊船での2月の釣行を中心に、現在の状況をお伝えしたいと思う。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

東京湾でSLJ(スーパーライトジギング)

ライトタックルに細ライン、軽量のジグというシンプルな仕掛けで、さまざまな魚種を狙えると注目と人気を集めているSLJ(スーパー・ライト・ジギング)。

東京湾においては、シーバスやタチウオを中心に長年親しまれている釣り方だが、近年は湾央や湾奥にサワラやワラサ、イナダ、サバなどより多彩な魚種が押し寄せ、タチウオは通年で大型釣りを楽しめなど、さらに熱いフィールドとなっている。

林遊船でタチウオ狙い

2月12日(土)、東京湾原木中山の林遊船にベテランのルアーマン5人が揃い、7時に中山青凪船長の舵取りで出船した。数日前に僚船でサワラが多数釣れたという剣崎沖まで遠征する。

湾奥よりも水温が高いエリアなのでサワラのハネや反応を期待したが、前々日に降った雪で海水温が下がった影響か、この日はサワラや青物の反応がなく、ジギングでは底物のエソが連釣し苦笑い。

そんななかでも、安藤さんが最近このエリアで釣れているというアカハタをキャッチして、普段湾奥では釣れない魚に皆で感動した。

東京湾スーパーライトジギング(SLJ)でシーバスにタチウオ手中ゲストにアカハタ(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

中盤には、鯛ラバやメタルジグでマダイを狙ったが、残念ながらこちらも空振り。水温低下と潮が動かず終日厳しい状況だったが、後半はタチウオを狙ってなんとか大型をゲットし、新しい海域での釣りもでき面白い釣りになった。

東京湾スーパーライトジギング(SLJ)でシーバスにタチウオ手中ドラゴンをゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

キャスティングでシーバス狙い

13日(日)は、群馬のルアーマン遠山さんと加藤さんと3人で釣行。

前日と同じように午前中は潮位差が10数cmと動かない潮だったので厳しい状況を覚悟していたが、先に出ていた船から「キャスティングで良型シーバスが好調」との情報を得て木更津沖に直行。

水深9mのシャローエリアを1オンス(約28g)のバイブレーションで様子をみると、いきなり私に80cmシーバスがヒット。しかし、ボートに近寄った途端急に反転され無念のバラシでがっかり。

しかし、すぐに60cmクラスが連釣、5本目には極太の75cmが釣れて、キャスティングゲームを楽しんだ。

東京湾スーパーライトジギング(SLJ)でシーバスにタチウオ手中遠山さんに良型(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

タチウオはメーターアップ

潮止まりのタイミングでタチウオにリレーすると、こちらもいきなりメーターアップの本命が3連釣し大興奮。

後半は大雨と北風のためガタガタ震えながらの釣りになってしまったが、この日は東京湾を代表する2大ターゲットの釣りを満喫することができた。

東京湾スーパーライトジギング(SLJ)でシーバスにタチウオ手中タチウオも大型揃い(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

次のページではSLJの基本の釣り方を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。