釣魚レシピ:アカハタのぶつ切り サイコロ状にして食感も楽しもう

釣魚レシピ:アカハタのぶつ切り サイコロ状にして食感も楽しもう

磯の高級魚として知られるアカハタ。生食はもちろん、煮物や蒸し物も最高だ。今回は、釣り好き店主(藤まる食堂)がおすすめする「アカハタのぶつ切り」を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

アカハタの旬

アカハタの旬は初夏と初冬と言われる。初夏は抱卵の腹太が多く、脂がのっている。初冬はスリムな体形になるものの、身の味が濃い。いずれにしてもアカハタは最高に美味しい魚だ。

持ち帰り方

それでは美味しく持ち帰る方法を説明しよう。

釣り上げたアカハタはハリを外し、ナイフなどを使って絞める。この時、魚が濃いオレンジ色になればOK。締めがあまいと魚体が白っぽいので、わかりやすい。

魚が動かなくなったところで、血抜きをしてクーラーに収める。

自宅での下処理

持ち帰ったアカハタは頭とワタを取り、ラップをかけて冷蔵室に入れる。この時点で料理しても構わないが、1~2日寝かせたほうが、魚のうまみ成分が増す。

3枚におろす

次に3枚におろす。皮を剥ぐ場合はウロコが付いたまま3枚に。皮ごと食べる時はウロコを剥いでからおろしておく。

釣魚レシピ:アカハタのぶつ切り サイコロ状にして食感も楽しもうウロコは剥がさず3枚に(提供:TSURINEWSライター松田正記)

個人的に刺し身の時は皮を剥ぎ、火を通す料理は皮付きにする。ちなみ刺し身にする際に出たウロコ付きの皮は、熱湯をかければウロコがラクに落ちる。これを細切りにしてポン酢をかけて食べる。

釣魚レシピ:アカハタのぶつ切り サイコロ状にして食感も楽しもう皮を剥ぐ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

サク取り

皮を剥いだアカハタは腹骨と中骨を取り、サク取りにする。ハタ系の根魚は背側の身に必ず1本の亀裂が入るので、ここも包丁を入れてサクにしていく。

サクの本数は半身で3本、1尾で6本になるはずだ。

釣魚レシピ:アカハタのぶつ切り サイコロ状にして食感も楽しもう1匹で6本サクができる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

食感を出す方法

サク取りしたアカハタはサイコロ状にぶつ切りにする。一般的な斜め切りよりも断然食感がいい。特に日にちが経ったものは、ぶつ切りをおすすめする。

釣魚レシピ:アカハタのぶつ切り サイコロ状にして食感も楽しもうサイコロ状にぶつ切りにする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

日持ち

日持ちの目安は下処理した状態で1週間程度。全くと言っていいほど味や食感はかわらない。食べる時はシンプルに、わさびじょう油でいただく。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。