シロギス投げ釣り攻略!タックル〜投げ方〜釣り方【キホン徹底解説】

暑い季節がやってきた。夏に入ると休日を家で過ごすよりは、季節を感じ取れる場所に出向いて、リフレッシュする人も多いのではと思う。そんななか、やはり人の出が多い場所と言えば解放感がある海辺ではないだろうか。海水浴を楽しむ人や、グループや家族と浜辺でバーベキューをしたり釣りをしたりと、にぎやかで活気のある場所だ。今回夏の海を楽しむための提案として、見ても美しく食べてもおいしく、そしてびっくりするほどの引きを楽しませてくれるシロギスの投げ釣りを紹介したいと思う。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

砂浜から投げ釣りで狙う

キス釣りには乗合船やボートなどを利用した海上からの釣りと、砂浜や港、防波堤と言った陸からの釣り方がある。

今回紹介するのは、砂浜からのサーフキャスティングによるキス釣りだ。

夏のキスは行動が活発だ。朝夕には岸辺に近づきエサを捕食し、気温が高くなって水温が上昇すると、水深のある場所や潮の流れがある場所へと移動することが多く、行動範囲が広いのが特徴だ。

キスはきれいなパールピンクの色合いと、すらっとした体形をしていることから、砂浜の女王と言われるほど魅惑的な魚。そろえる釣り具が少なく、投げ方のコツさえ覚えてしまえば、行きたいときにエサをほんの少し購入して気軽に楽しめるのだ。

砂浜でキス釣りをすることで、いつの間にか知人が増え、釣り友達の輪が広がっていくのもサーフのキス釣りならではといえるだろう。

サオとリール

何といっても、タックルの中で重要なのがサオとリールだ。

いろいろなメーカーから多くの種類が出ているので、カタログを見ても購入するときに迷うことが多い。

使用する投げザオは、少しだけ遠くへキャストして広範囲にエリアを探せるような、反発力のあるサオが便利だ。

サオの種類は振り出しと並継ぎのタイプがある。

振り出しは比較的調子の軟らかいものが多く、サオのつなぎが多い分収納するとコンパクトで機動性に富んでいる。移動時に便利だが飛距離が少し出にくいので、サーフでは若干オモリ負荷の高い硬めのサオを使用するのがいい。

並継ぎはつなぎが少ないため反発力が強く、遠くへ飛ばすのに適している。サーフのキス釣りには、振り出しよりも遠投性能に優れた並継ぎがいいだろう。

並継ぎで先調子のサオがオススメだ!

サオの長さはどちらのサオでも一般的な成人では、4m前後がいいと思う。

調子は先調子と胴調子がある。

先調子はサオ先が軟らかいのでキスのアタリに敏感で、急激なアタックにも優しく対応できてハリ掛かりが良く扱いやすいサオだ。

胴調子はベテラン向きで遠投性に優れているが、キスのアタリが伝わりにくい。
キャスターの多くは先調子を使用している。私も扱いやすい先調子のサオがいいと思う。

サオにはいろいろなクラスがあり、サオの調子と長さと使用できるオモリ負荷(号数)で区別される。

サオはオモリ負荷が大きいほど反発力が強く、キャスト時にパワーと技術が必要で扱いが難しくなる。

一般的には男性なら25~33号、女性なら20~27号で選択しよう。

選択の基準はサオが振り切れることが大事。自分の体力に合うものを釣具店で素振りさせてもらい、店員やベテランキャスターと相談しながら購入しよう。

実釣ではリールやオモリ、仕掛けを付けるので、素振りよりさらに体に負荷がかかる点も忘れないように。

リールは大型のスピニングリールが一般的に使われる。

スプール径が大きく、溝が浅く広いのが特徴だ。できるだけ軽いものを選ぼう。

次ページでラインと仕掛けを解説!