オフショアジギングでブリ族キャッチ 好ゲストに良型アコウも顔出し

オフショアジギングでブリ族キャッチ 好ゲストに良型アコウも顔出し

冬のオフショアのターゲットとなる、ブリ、ヒラマサ。最高の引きを味わうため、船でのジギングに行ってきました。最近はシケも続き、なかなか釣れていないという情報も……。なかなか厳しい釣行でしたが、渋い中なんとか1尾をものにした釣行をお届けします。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター栗田駿)

シュン

長崎市南部を中心に、エギング、ジギングをしています。よろしくお願いします。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

青物狙いジギングゲーム

2月9日は今シーズン初めてのジギングへ。朝は寒すぎるのでのんびり朝9時に出船です。もともと行きたかったポイントは風が強いため断念し、長崎県の野母崎沖、三ツ瀬周辺に行くことに。

三ツ瀬はこの辺りでは有名なポイントで釣り番組にも出てくるほどですが、最近は一日行っても釣果0という日もあったそう。水深40~70mと起伏がある場所で、回遊してくる青物を狙ってのジギングです。

オフショアジギングでブリ族キャッチ 好ゲストに良型アコウも顔出し釣り場風景(提供:TSURINEWSライター栗田駿)

タックル&ジグ

今回の、タックルは、スロージギングのロッドにオフショア用のベイトリールを使用しました。スピニングのタックルと違い、弱った魚を演出するのがスロージギングです。また、長時間の釣行でも身体への負荷が少ないのも魅力です。青物、根魚、真鯛など様々な魚が釣れるので、上がってくるまでの楽しみもあります。

ジグは潮があまりいっていなかったので、100~130gと軽めのジグを使用しました。

オフショアジギングでブリ族キャッチ 好ゲストに良型アコウも顔出しベイトタックルで挑んだ(提供:TSURINEWSライター栗田駿)

ファーストヒットはアコウ

開始からアタリすらありません。ジグをかえてもポイントをかえても反応なし、やはり渋いです。例年なら数も狙えるため、なかなかしんどいです。

粘っていると、着底直後なんだか重さが乗りますが、引きがない……。ゴミかと思っていたら上がってきたのはなんとアコウ(キジハタ)。なかなかいいサイズです。様々な魚種が釣れるのもスローピッチの魅力です。

オフショアジギングでブリ族キャッチ 好ゲストに良型アコウも顔出しファーストヒットはアコウ(提供:TSURINEWSライター栗田駿)

ヤズヒットもバラシ

後から出てきて、私たちから見て三ツ瀬の反対側にいた仲間からヤズ(ブリの若魚)が連発できたという連絡がきました。すぐに移動です。

仲間はスピニングタックルで早いピッチで誘っているとのこと。「そんなタックル持ってきてないぞ」仕方がないので、そのままのタックルで早いワンピッチで誘います。なんとその直後にヒット!と思ったらまさかのラインブレイク、釣れないときこそなぜかなるやつです。

次のページで待望の本命ヤズ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。