京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕

京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕

1月下旬、京都の日本海側では相変わらずの北風と時化により寒ブリ狙いの船は中止が相次いでいる。そんな厳しい状況が続くなか、一縷の望みを抱き舞鶴の宮本丸リアルさんをチャーター、釣友5人で舞鶴湾の京サワラ、タチウオ狙いの釣行をレポートする。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター小竹悠介)

Y_Kotake

主に関西の湖、海のルアーフィッシングをメインに楽しんでます!最近は魚料理にもチャレンジしています!

×閉じる

ソルトルアー オフショア

当日の状況

釣行当日、状況によっては寒ブリも視野に入れていた。朝一から沖合の白石グリに向かっている僚船もいたようだが、強風とうねりで湾内へ引き返しているとのこと。

少し残念な様子を見せる一行に、船長からは「タチウオとサワラもそんなに甘くないよ」と笑顔で釘を刺される。午前8時に港を出船、まずはタチウオ狙いへ向かった。

湾奥にてタチウオジギング

港から10分ほどでポイントへ到着、水深20~30mを左舷のドテラ流しで探っていく。タックルはスピニングとベイトの2本のライトジギングタックルを用意、メインラインはPEライン0.8号、リーダーはフロロカーボンラインの7号、ジグはラインの角度を見ながら80~130gをローテーション。

京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕タチウオ手中(提供:TSURINEWSライター小竹悠介)

開始30分ほどで友人達にサゴシやタチウオがヒットしていく。しばらくして私にもタチウオがヒット。だが活性が低いのか後がなかなか続かない。

京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕こちらもゲット(提供:TSURINEWSライター小竹悠介)

その後もポツポツとサゴシやタチウオを拾っていきメンバー全員に魚が行き渡る。全員安打も達成し、私も美味しい外道のマゴチを追加。しかし午前の釣りは1人1匹~2匹の釣果といまいち乗り切れない。

ポイント移動で京サワラ狙い

そんな日でも身内だけの船上はそれだけで楽しい、しょうもない話で盛り上がりつつ昼からは湾口へ向かい今日の大本命、京サワラを狙う。

湾口に近づくにつれ波、風ともに激しくなり若手の2人が船酔いでダウン。とりあえずキャビンで休んでもらい、残りの3人プラス船長も加わり4人でサワラを狙った。

水深は70m~80m、ジギングタックルはベイトとスピニングの2本を用意。PEライン2号にリーダーはフロロカーボンラインの10号、ジグは200g前後。アクションはジグをボトム着底から表層までひたすら速巻きで誘う。近年東京湾や瀬戸内海で流行っているサワラの釣り方だが、ジグが重く、水深も深いためこれがなかなかの重労働。

一瞬の時合いが到来

しばらくしてこれ以上の沖合は危険といったギリギリのポイントで突然時合いが訪れる。

京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕時合い到来(提供:TSURINEWSライター小竹悠介)

まず船長にヒットし、ほぼ同時に友人Aにもヒット。船長が90cm程の良型を釣り上げたが友人Aは残り数mでバラしてしまう。数秒後に友人Iにもヒットし、これまた良型のサワラが上がってくる。

京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕見事本命ゲット(提供:TSURINEWSライター小竹悠介)

そして最後に私にも表層付近でヒット、ついに京サワラをゲットすることができた。その後も荒れる海で狙い続けたが時合いはこの一瞬だけであった。

再びタチウオジギングへ

サワラの時合いは一瞬で終了となり、夕方は再び湾奥のタチウオジギングへ。

朝一と同じ場所へ到着するも既に10数隻がひしめき合う異様な光景。船長は縫うようにポイントを探し「はいどうぞ~」とアナウンス、我々は即座にジグを落としていく。そして反応が無ければすぐに巻き上げ再度ポイントを探す。

京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕再びタチウオ顔見せ(提供:TSURINEWSライター小竹悠介)

船長曰く、船が多すぎてプレッシャーから魚が散ってしまうとのこと。それでも船長の巧みな操船により皆それぞれ良型のタチウオを追加。

京都のブランド魚『京鰆(サワラ)』を沖のルアー釣りで好捕お土産確保(提供:TSURINEWSライター小竹悠介)

ミヨシに居た私はその恩恵を一番に受け、短時間であったが3匹を追加。船酔いでダウンしていた若手2人も復活し最後は全員で楽しめたので何よりだ。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。