【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説

冬は釣り物が少なくなり、オフシーズンとなる人もいるだろう。だが冬でも楽しむことができる釣りもある。その1つがエリアトラウトフィッシング、管理釣り場でのルアー釣りだ。ここではエリアトラウトの基本的な部分と、この季節のオススメの釣り方を解説したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

エリアトラウトを始めよう

冬の間は夏場に比べると天候や水温などの面で釣り物が少なくなり、オフシーズンとなる人もいるだろう。だが冬は何も釣れない時期かというとそうではなく、冬でも楽しむことができる釣りもある。その1つがエリアトラウトフィッシング、管理釣り場でのルアー釣りだ。

主にポンド(池)タイプの釣り場が多く、そこにマス類(主にニジマス)を放してあるため、自然の釣り場に比べるとはるかに多い魚が目の前を泳いでいる。

目の前にたくさんいる魚をあの手この手で攻略していくのがエリアトラウトの醍醐味で、うまく釣り方がハマると10匹、20匹の釣果は当たり前の楽しい釣りだ。

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説親子で楽しむのも最高(提供:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

今回はエリアトラウトの基本的な部分と、この季節のオススメの釣り方を解説したい。

タックル&ギア

基本的なタックルについて紹介しよう。

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

ロッド

使用ロッドは6ft前後のエリアトラウト専用ロッド。ロッドの硬さはメーカー各社で表記がさまざまで味付けも違うため、目安として1~3gのルアーが投げられる表記のロッドであればいいだろう。

リール

リールは1000~2000番程度の小型スピニングリール。できればドラグ性能がいいものを選びたい。

ライン

ラインはタックルバランスの中でもかなり重要で、できるだけ細いものを選びたい。というのも、エリアトラウトは軽いルアーを投げることが多いため、細いラインでなければ飛距離を出すことができない。

足元の近距離で釣れる釣り場や大物が多い釣り場はこの限りではないが、20~30cmのトラウトがアベレージサイズの釣り場であれば、ナイロンライン、フロロカーボンラインで上限2.5lbぐらいだ。

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説厳寒期でも楽しめる(提供:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

私の場合はフロロカーボンラインの1.5lb、PEライン0.2号、エステルライン0.3号をメインにしている。この細さのラインでも、適切なドラグ設定とラインの傷チェックさえしっかりしていれば、1日50匹釣ったとしてもラインブレイクはほとんど起こさない。

替えフック

持っていた方がいいもので、意外とみんな持っていないけど非常に重要なものが替えフックだ。エリアトラウト用ルアーのフックは他のジャンルのルアーに比べて、かなり細軸のフックが付いている。繊細なアタリが多いため、この細さゆえの鋭いハリ先がエリアトラウトには必要なのだが、反面耐久性は低いと言わざるを得ない。

体感的に5~10匹ほど釣ると、ハリ先がダメになることが多い。ダメになったフックは全く刺さらず、冗談抜きにフックが付いていないルアーを投げているのと大差なくなってしまう。無駄な時間を過ごさないためにも、ハリ先のチェックと交換は必ず行いたい。

スナップ

そして忘れてはいけないのがスナップだ。現在市販されているほとんどのエリアトラウト用ルアーは、スナップの使用が前提で作られていることと、ルアーをどんどん交換していく釣りなので必ずスナップを使用してほしい。

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説アルビノはエリアならではのターゲット(提供:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

サイズはできるだけ小さなものが良く、具体的にはSSサイズ、00番程度がいいだろう。ラインを直結したり、ミスマッチな大きなスナップだと、ルアーの動きが悪くなったり最悪泳がなくなってしまう。

ギア

この他に必要な道具は、魚をすくうラバーランディングネットと素早いリリースを可能にするリリーサー、トラブル防止のための偏光グラスと帽子は定番のギアだ。

寒い日にあるといいのが、手の体温低下を防止するグローブ(手袋)。手がかじかんでしまうと、ルアー交換や釣りの動作そのものがうまくできなくなってしまう。安物でもあるのとないのとでは全く違うので、素手での釣りにこだわるのでなければ用意した方がいいだろう。

基本の3要素

まずエリアトラウトで必ず押さえておきたい3つの要素を紹介する。それはレンジ、アクション、スピードだ。

レンジ

レンジとはタナのことで、トラウトたちは水中のどこにでもいるわけではなく、特定の水深に偏って泳いでいることが多い。それは釣り場や日によって変わり、一日の中でも時間や天候で変化する。そのため、どこに魚がいるのかを絶えず探るのが鉄則だ。

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説アタリが多いレンジを探し出そう(提供:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

沈むルアーの場合なら何秒で底まで落ちるかをカウントし、まず水深を三等分して上、中間、底と分け、アタリが多い場所をさらに細かく探るのがセオリーだ。

ちなみに水色がクリアな釣り場であれば水中の魚影が見えるので、ここでアレコレ悩む必要がなくラクチン。なので、初めてエリアトラウトに挑戦する人は、水色がクリアな釣り場をオススメする。

アクション

アクションはというと、ルアーにはそれぞれに違う泳ぎが設定されている。その中でどの動きが魚の好みに合うかを探ることが重要だ。そのため、用意するルアーの種類は多いほど有利になる。

スピード

スピードはそのままリールを巻くスピードのことで、魚が口を使いやすい速度があるため、それに合わせる必要がある。エリアトラウトは基本的には他のジャンルのルアー釣りよりもゆっくり巻くことが多い。

私の中での基準だが、具体的にはハンドル1回転を1秒かけて巻くのが「気持ち速めの普通」ぐらいのスピードだ。1回転に4~5秒かけるほど遅い巻き取りも時には必要になる。

次のページでこの時期の必釣メソッドを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。