カイワリ五目釣りで釣果多彩 アヤメカサゴやキダイでお土産充実

カイワリ五目釣りで釣果多彩 アヤメカサゴやキダイでお土産充実

2月1日(火)相模湾小坪の椿丸カイワリ五目乗合へ釣行。釣果は20~28cmキダイ3~8尾に20~30cmアヤメカサゴとオニカサゴ交じり1~4尾、17~23cmヒメ多数。ほか、サバやウマヅラも上がった。悪条件のためアマダイやカイワリは不発に終わったが五目釣りらしい多彩な釣果となった当日の釣りをリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

椿丸でカイワリ五目釣り

相模湾小坪の椿丸は、季節に応じて各種仕立船、各種予約乗合船を基本月替わりメニューでホームページ上に公表。2月1日(火)のカイワリ五目乗合へ釣行、取材した。

都内の自宅から約1時間で港に到着。駐車場は船着き場へ下りる坂の入口に向かって右側にあり、船着き場へ降りる坂に近い3列(A、B、Cとペイント書きあり)が同船専用。

カイワリ五目釣りで釣果多彩 アヤメカサゴやキダイでお土産充実船着き場の場所(作図:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

指定された集合時間の6時に、船が接岸され、佐藤謙一船長の舵で7時に出船。

私は左舷胴の間に座る。同船では、座席用のクッション、タオル、ペットボトル飲料がサービスで付く。また、付けエサや仕掛け(1組)、レンタルタックルも無料。

カイワリ五目釣りで釣果多彩 アヤメカサゴやキダイでお土産充実サービス充実(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

「予報では9時ごろまで風が強いので近場でアマダイをメインに狙い、状況をみながら沖の釣り場へ移りカイワリを狙う」とのこと。

エサ取り回避がカギ

航程45分、城ケ島沖の釣り場に到着。北西風だが、三浦半島がそれをさえぎり風速は3~4m。波は最大でも1.5m前後。潮は澄んだ青緑色、約1ktで北東へ流れ、表層は北西の風による流れで二枚潮。

カイワリ五目釣りで釣果多彩 アヤメカサゴやキダイでお土産充実タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

8時前、船長から「まずは80号で様子を見てみましょう。エサ取りが多いので、コマセは使わず、オモリで。オモリがない人は空のビシで構いません。水深95m、オモリを底から1m程度上げてやってみてください」とていねいなアナウンスがあり釣り開始。

良型アヤメカサゴ&キダイ連発

投入直後のミチイトは川のように流れる表層の潮流でトモ寄りへと向かうが、次第に立って着底を確認。しかし、この釣り場ではイトフケを取っている間にエサ取りのヒメコダイの攻撃を受ける。それでも、エサ取りを上手くかいくぐれば25cm級アヤメカサゴやキダイがヒット。

カイワリ五目釣りで釣果多彩 アヤメカサゴやキダイでお土産充実30cm級アヤメカサゴキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

そんななか、レンタルタックルで挑戦の和田さんは30cm級アヤメカサゴをキャッチ。

悪条件下でも魚影は特濃

9時、予報通りナギになると「カイワリ狙いで沖の釣り場に移動します」とアナウンスがあり移動。

9時半、先代が「A級ポイント」と呼んでいた場所の近くで「水深100m、根魚狙いは底からタナ1m位、カイワリ狙いは4~6mでやってみてください」とアナウンスがあって後半戦開始。

潮が速く、水中のイトフケは30秒ほどで5mにも達し、タナがなかなか取れない。

水深80m前後の釣り場まで数カ所探ったが同じ状況で、ヒットチャンスはビシ着底直後の数秒。それでも、17~23cmヒメ3点掛けから始まり、24~25cmアヤメカサゴやキダイなど多彩。

左舷トモの常連はコマセを使わず27~28cmキダイをダブルで連発。二枚潮に悩まされたが魚影の濃さは間違いない。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。