船ヤリイカ釣りでパラソル級本命連発 サバ対策の秘訣はツノ数にあり?

船ヤリイカ釣りでパラソル級本命連発 サバ対策の秘訣はツノ数にあり?

1月28日(金)、3人の釣友を誘い、茨城鹿島新港の桜井丸からヤリイカ狙いで釣行。3本ヅノで目立たせず、素早く底のヤリイカの群れへ仕掛けを落とし込んでサバを攻略、パラソル級の良型を連発させた当日の釣りの模様をリポートしたい。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

桜井丸でイカ釣り

この日はヤリイカ人気を物語るように2隻出しとなり、私たちは大川真一船長が舵を取る23号船へ。私は左舷ミヨシ寄り、釣友たちは右舷トモ寄りに座る。

船ヤリイカ釣りでパラソル級本命連発 サバ対策の秘訣はツノ数にあり?タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

5時に出船。南の釣り場を目指す。天候は晴れでウネリはなく穏やか。約1時間で釣り場に到着。すぐに船長は群れを捉え「はい、いいですよ。水深140m。すこし根がキツイので根掛かりに注意して」と合図があり投入開始。

1投目から本命登場

1投目からサバの洗礼を受け、オモリが底まで届かない。しかし、釣友の信太さんはサバの下にパラソル級本命。

船ヤリイカ釣りでパラソル級本命連発 サバ対策の秘訣はツノ数にあり?1投目からパラソル登場(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

右舷ミヨシの鈴木さんも良型を取り込み好ダッシュ。

船ヤリイカ釣りでパラソル級本命連発 サバ対策の秘訣はツノ数にあり?好スタートを切った(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

3本ツノでサバ攻略

船長は反応を見ながら群れを追う。イカの群れは濃いが、サバも同様。上手にサバの層を突破できれば本命が乗るという状況だ。

私の左隣の加藤さん(さいたま市)は本命を連発。仕掛けを見ると3本ヅノのブランコ仕掛け。「ツノを多くするとサバに見つかりやすいから」と技ありの釣果。

船ヤリイカ釣りでパラソル級本命連発 サバ対策の秘訣はツノ数にあり?手堅く釣り上げた(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

さっそく、私も3本ヅノ仕掛けを作成し投入。ミチイトとガイドの摩擦抵抗をできるだけ減らそうと竿先を下げてサバにつかまらないように仕掛けを下ろすとすんなり着底。

竿をシャクッて誘うと穂先が押さえ込まれ乗りを確認。追い乗りを期待して5、6m巻き上げるとさらに重みが加わり中速よりやや遅い速さで電動巻き上げ開始。船の上下動に合わせて仕掛けがたるまないように竿先を動かし慎重に巻き上げるとダブル。

ブランコで7尾釣ったところで直結仕掛けに交換し5尾を追加したがバラシも多く、再び3本ツノのブランコに戻して釣果を伸ばした。

次のページでパラソル級続々浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。