淡水小物釣りは針が命? 良い針を選ぶための3つのポイントを解説

淡水小物釣りは針が命? 良い針を選ぶための3つのポイントを解説

淡水小物釣りの道具は様々ありますが、筆者的に最もこだわるべきアイテムが「針」です。その理由と、選ぶ際の3つのポイントを釣行交えて紹介してみましょう。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター中辻久範)

中辻久範

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

淡水小物釣りの針

淡水小物釣りの仕掛けとは竿、ライン、ウキ、目印、オモリ、ハリス、針と様々な用具で構成されているものです。読者の皆様は何の用具にこだわられますか?

人それぞれだと思いますが。私は針に1番こだわります。理由は釣り具の中で魚が直接触れるものだからです。極論を言えばポイントに対して長さが適当であれば竿はあまりこだわらなくていいんですよ。ミチイトも0.8号用意しておけば、ライントラブルさえ起こさなければ少々ワヤになりません。

しかし針に関しましては直接釣果に関係してくるものなんで、こだわるのです。私の愛用の針はK社の糸付針・金袖2号です。

「良い針」の3つの特徴

小物釣りで「良い針」の3つの特徴を紹介しましょう。

淡水小物釣りは針が命? 良い針を選ぶための3つのポイントを解説良い針の特徴とは?(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

変形しづらい

当然といえば当然なんですが、小さな針は細い金属で出来ております。そのため大きい針に比べると、魚の掛かりどころによったら針を外す時に変形してしまう可能性が高くなります。特に良型カワムツの口は結構硬いですからね。

タカハヤの口は柔らかいので針外しの時に変形したことはほとんどないですが、カワムツの針外しの時に針によっては変形しまくったものもありました。その度に指先で元の形に戻していましたよ。K社の針は丈夫なので変形はしにくいですね。

針先が折れにくい

針が変形してしまったら、針先がある限り元の形に戻せばまだ使いものになります。しかし針先が折れた針には魚は掛かりません。釣針の用途が果たせないものに成り下がるんです。捨てざるをえません。

夏のカワムツ釣りでしたら、良型がよく掛かります。良型カワムツの上口に掛かるたびに針外しの時にポキポキ折れた針もありました。ローコストな釣りにはあったもんじゃあないですよね。K社の針は針先も丈夫です。

掛かりの良さ

全てはこれです。変形しにくい、針先が折れにくい、そして掛かりは抜群ではないと良い釣果は生まれません。

淡水小物釣りは針が命? 良い針を選ぶための3つのポイントを解説掛かりの良さが最重要(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

私が釣りで一番悔しい思いをする時は、アワセ損なった時でもなく、アタリが全く出ない日に釣行に行ってしまうことでもありません。水中であろうが空中であろうが針に乗った魚が、手中に収まることなく針から外れた時が最も悔しいのです。

K社の針は掛かりが良いので、そりゃ全くバラシがないことはないですが、悔しい思いをすることは激減しました。釣り歴38年の間に良い針に巡り会うために結構な時間とお金を費やしましたが、ようやく3つが揃った針に巡り会えた今日この頃です。

次のページで3拍子そろった「良い針」で実釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。