鮎トモ釣り:水位高めの好条件で数釣り日和!【奈良県・天の川】

鮎トモ釣り:水位高めの好条件で数釣り日和!【奈良県・天の川】

災害が出るほどの大雨だったにもかかわらず、奈良・天の川は2日後ぐらいにはサオが出せ、アユが釣れていたとのこと。だが、にわかには信じがたい情報だったので、7月10日、小川オトリ店へ車を走らせた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

当日の状況

鮎トモ釣り:水位高めの好条件で数釣り日和!【奈良県・天の川】まさしく夏という風景

「今シーズン最高の水ちゃいますか!」とは小川組合長。「慣れた人なら40、50匹は釣ってくるやろう」という。「まだ慣れていないので、20、30にしといてもらえますか」と私。

九尾ダムから下も水位は高め。それまで、水がなかったことを思えば高水の好条件。組合長の言う40、50匹は…になるのだろうけど、水質を考えるとどうしてもダム上に行ってしまいたくなる。

なので、行き先を「よってって」裏に決めた。道路からのぞくと誰もいない。川まで下りると左岸に1人、しかも根掛かり中。ということで、瀬の中央部分へ入ることにした。

鮎トモ釣り:水位高めの好条件で数釣り日和!【奈良県・天の川】

すると、その対岸にいた人が根掛かりを切るや否や、こちら側へ移動してきた。

「あらっ、釣る場所が狭くなっちゃったよ。後から、ちろりん会の瀧澤さんもくるというのに」仕方なく本流の右岸側のヨレからオトリを入れる。

次ページで実釣スタート!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。