地磯でのエギング&フカセのリレー釣り 3時間で両本命キャッチに満足

地磯でのエギング&フカセのリレー釣り 3時間で両本命キャッチに満足

大江(熊本県天草市)の地磯で、ミズイカ(アオリイカ)の釣果が上向いてきた。1月25日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ミズイカのシーズン

大江のミズイカ(アオリイカ)は真夏を除けば、おおむね一年を通して狙えるが、冬から春は大型が出やすい。エギングやアジの泳がせ釣りで狙うのが一般的な釣り方だ。

当日は夜明け前にエギングでミズイカを狙い、日が出てからクロを釣るリレー釣りの計画を立てた。

当日のタックル

地磯でのエギング&フカセのリレー釣り 3時間で両本命キャッチに満足タックル図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

午前5時過ぎ、大江漁港近くの地磯に着き、早速エギングの準備に取りかかった。エギは絶妙な沈下速度でイカに猛アピールするドローフォー。カラーはピンクとナチュラルの2色を用意し、まずはピンクから試してみた。

1投目からアタリ

仕掛けをフルキャストし、フォール。着底後にシャクリを5~6回入れ、再びフォールさせた時だった。ミチイトが走りだすアタリ。間髪を入れずに、軽くアワセを入れると乗った。

獲物はグイグイを沖に走り、ドラグが鳴る。慎重なヤリトリを繰り返し、相手との距離を詰める。ゆっくり浮かせたのはキロ級のミズイカだった。

地磯でのエギング&フカセのリレー釣り 3時間で両本命キャッチに満足ピンクとナチュラルでアピール(提供:TSURINEWSライター松田正記)

2投目からのアタリに期待したが、後が続かない。そこでエギをナチュラル系にチェンジし、扇状に探っていくと再びミチイトが走った。

軽いヤリトリの末に姿を見せたのは400gのミズイカで、「このサイズなら、数が出る」。そう思ったのも束の間。その後はアタリが途絶えた。

次のページはクロ狙いにチェンジ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。