アジ泳がせ釣りで良型ハタ類をキャッチ 時合いにはダブルヒットも

アジ泳がせ釣りで良型ハタ類をキャッチ 時合いにはダブルヒットも

大分県は蒲江港の結花丸で、アジ泳がせ釣りに行ってきた。当日は速潮の状況であったが、2.5kgのマハタ筆頭に根魚の引きを満喫した。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

結花丸でアジ泳がせ釣り

昨年12月28日、大分県は蒲江港の結花丸の秋山船長から「アジ泳がせ釣りに行きましょう」と誘われたので行く。

当日のメンバーは中津市の神崎さん。船長宅に午前4時30分に集合して蒲江港に神崎さんの車で走る。港には6時すぎに着くが、まだ明るくならないのでエサの小アジが買えず、6時30分になって小アジを買いに行ってポイントに進む。

海は蒲江山脈にさえぎられて穏やかでウネリもない。最初のポイントの水深は90mで、ここはアカイサキのポイントで魚礁や沈み根が点在してかっこうの釣り場。

アジ泳がせ釣りで良型ハタ類をキャッチ 時合いにはダブルヒットもアジの泳がせ仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

船長にマハタ1.3kg級

1投目から船長にアタリ。サオを見るとマダイ釣り用のサオで、よく曲がって上がってきたのがマハタの1.3kg級。

アジ泳がせ釣りで良型ハタ類をキャッチ 時合いにはダブルヒットも秋山船長のマハタ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

マハタのダブルヒット

船長より「ここは潮の流れが速く、すぐにポイントがずれてしまう」と言われ、1投ごとに移動をしての釣りになる。

しかし、4~5回流ししたがアタリがでないのでさらに移動。20分ほど走って水深が150mのポイントで流してみる。

以前はここで大物が数釣れている。船長から「ここでイシナギやヒラメ、カンパチに宮崎県特産のオオニベ10kg級の大物が釣れる」と言われ、がぜん張り切る。

しかし、1時間釣ってみるが潮が動かず魚も食欲がでないようで、朝釣っていたポイントに戻った。

魚礁があるのでそれめがけて船を流すと船長と神崎さんのサオに同時にアタリがでて上がってきたのがマハタの2~2.5kg級。

アジ泳がせ釣りで良型ハタ類をキャッチ 時合いにはダブルヒットも神崎さん根魚の引きを満喫(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

次のページで2kg級ウツボが登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。