ボートシーバスゲームで70cmシーバス浮上 18cmビッグミノーにヒット

ボートシーバスゲームで70cmシーバス浮上 18cmビッグミノーにヒット

昨年末、東京湾東神奈川のDマリーナからシーバス乗合船で釣行しました。ビックベイトでランカーバスを狙い、70cm級をキャッチできました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

Dマリーナでシーバス釣り

昨年の12月29日、東京湾東神奈川のDマリーナからシーバス乗合船に釣行しました。

ボートシーバスゲームで70cmシーバス浮上 18cmビッグミノーにヒットDマリーナ周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

毎年秋ごろからロングランで楽しめるこの釣りは、ミノーやビックベイトと呼ばれる大きなルアーを使い、水深2~8m前後の浅場でコノシロやイワシを捕食しているランカーサイズを狙います。

アタリは少ないものの、トップで水面を破るような爆発音とともに姿を現す良型シーバス。その1尾と出会えたときの喜びと興奮は格別です。

9.5cmのミノーにサバヒット

5時30分に桟橋を離れ、航程30分ほどでポイント到着。まず、ミノーからスタート。船長も竿を出して一緒に様子をチェック。しかし、なかなか反応がありません。

「うーん……きょうはかなり厳しいかもしれませんね。きのうはここで9尾出たんだけど……」と船長。前日と状況が変わってしまうのはよくあること。実際は海に出てみないとわからない。思い通りにいかない点も、釣りの面白さのひとつです。

それでもベイトの反応は濃く、ルアーにコツコツと小魚がぶつかるのが分かるくらい。いつシーバスが現れてもおかしくない状況。

すると、ここで何やらヒット。でも、なんだか軽いので、「ベイトを引っ掛けてしまったのかな?」と思ったら、9.5cmのミノーにサバががっつりバイト。

18cmミノーで70cm級シーバス

少しポイント移動すると、大きな音とともに羽田空港から次つぎと飛行機が飛び立ちます。この迫力は、ここでしか味わえない感動があります。天気もよく、こんなシチュエーションで釣りができるだけで、なんだか特別な気分。

しばらくすると、時折ナブラが発生し、水面が少しザワつき始めました。「今がチャンス!」。

そこで、18cmのビッグミノーを投入。潮目がくっきり現れていたので、そこをめがけてキャスト。少し動かして止めた瞬間、バシャバシャッと、大きな音と水しぶきで水面のルアーが襲われるようにひったくられます。

「絶対取りましょう!」と、船長も興奮気味でタモを構えて見守ってくれます。トップで掛かるとバレやすいので、緊張感が走ります。竿先が激しく船下に引き込まれ、魚のサイズのよさを確信。慎重に引き寄せ、水面に現れたのは、コロンコロンに太った70cm級シーバス。無事にネットインし、「やった~」と、船上全員で大喜び。

ボートシーバスゲームで70cmシーバス浮上 18cmビッグミノーにヒット70cm級をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

次のページでは機動力活かして大型狙い

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。