沖堤防フカセ釣りで45cm頭に良型イサキ30匹 オナガグレも顔出し

沖堤防フカセ釣りで45cm頭に良型イサキ30匹 オナガグレも顔出し

今回は山口県萩市沖に浮かぶ「見島」に釣行しました。ターゲットは「オナガグレ」です。予想外の魚が爆釣し楽しむことができたので、その模様をリポートします。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター多賀英二)

多賀 英二

フカセ釣りメインでやっています。ターゲットはクロ、チヌ、タイです。山口県は北部、西部の磯や波止、大分、長崎、鹿児島など幅広くフィールドに足を運んでいます。釣り場であった際は、情報交換しましょう。国産ラインメーカーfathomのフィールドモニターとしても活動しています。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

海斗で見島「ケーソン」へ

今回使用した渡船は「海斗」です。青海島、今岬、見島などに渡船をしている船です。この日は予報よりウネリがあることから、安全を第一に見島の「ケーソン」にあがりました。

ここは沖波止であることから見島の中でも一番足場がよく、いろいろな魚が狙えるポイントでもあります。

沖堤防フカセ釣りで45cm頭に良型イサキ30匹 オナガグレも顔出しポイントから見た朝日(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

タックル

朝マヅメは一発良型を期待して太めのタックルを組みました。サオが1.5号にリールが3000番で、ミチイトが3号、ハリスは5号と3号を使い分けました。

日中はサオを1.25号に、リールは3000番でミチイトとハリスともに2.25号を使用しました。

沖堤防フカセ釣りで45cm頭に良型イサキ30匹 オナガグレも顔出しリールは3000番を使用(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

35cmのオナガヒット

釣り始めて間もなく、波が足元のブロックに当たり、その跳ね返りと沖に出ていく潮とでガンガン流れだしました。上潮が速いと思いウキ下に3Bのガン玉を打ち、仕掛けの浮き上がりを抑えました。

30mほど沖を探っていると、小ビラが釣れました。沖は青物がわいていると思い、それより手前の足元から20mくらいの範囲を攻めていくことにします。

すると、サオを引っ手繰るアタリがきました。なかなか強烈な引きでしたが、姿が見えたところでがっかり。40cmのイスズミでした。

イスズミが連発しだしたので、口ナマリを外したりタナをかえたりして45cmのイサキをキャッチしました。そして試行錯誤の末この日最大となる35cmのオナガのキャッチに成功しました。

沖堤防フカセ釣りで45cm頭に良型イサキ30匹 オナガグレも顔出し大型イサキとオナガ(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

次のページでイサキ爆釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。